nav-left cat-right
cat-right
Topics

安曇野气船 その2|30メートルの上空から安曇野を一望|安曇野市穂高

大きな音と同時に、大きな炎があがります。
炎1
「30メートルを侮ることなかれ!」とありました。
「係留」体験では、高度約30まで上昇します。
気球の中から見る景色は格別です。

気球が上がるまでをお伝えしたその1に続いて、その2では上空からと、気球がしぼむ姿もお伝えします。

安曇野气船 Nature Experience Club
住所:長野県安曇野市穂高8207-2
電話:0263-87-9828
FAX:0263-87-9831
URL:http://www.azuminokisen.com

熱気球予約専用電話:090-4180-9349 (10:00~17:00)
運行予定日:GWと夏休みは毎朝
春と秋は日祝祭日を予定(年度によって替わります。日程はホームページにてご確認ください)
開催時間:AM07:00 ~ AM08:00
搭乗時間:約5分コース(乗合い)
体験料金:中学生以上 ¥2,400 小学生 ¥1,600  未就学児 ¥100.

開催場所:Vif穂高 北グラウンド(豊科インターから車で15分)

長野県安曇野市穂高

飛行1
お客さんを乗せて気球が少しづつ上昇してゆきます。


飛行2
気持ちよさそうです。


降車・乗車
それでは入れ替えです。
スタッフの指示に従って、先の人が一人づつ出てきます。


乗車
スタッフが浮き上がらないようゴンドラに乗っています。
次の会の人が一人づつ入っていきます。
では一緒に乗せて頂いて・・・


上昇1
おお、音もなくふわあ~と、地を離れました。
風船みたいです。


上昇2
少しづつ上昇してゆきます。


上昇3
スタッフや先発の人たちの姿が少しづつ小さくなってゆきます。


上昇4
早朝の安曇野の空気は清々しく、みなさん満喫しておられます。


上空2
うっすら霞みはかかっているものの、東山や美ヶ原が見えます。
安曇平~松本平までよく見渡せます。
大昔ここは湖だったそうです。


上空3
南側の樹林帯。


炎4
上を見上げると球皮。
建物の30メートルから見る景色と、気球からでは
からだ全体で感じる空気感、・・・風の感じが違うのですね。


炎3
パイロットが、バーナーからの熱の調整による上昇、下降を行います。


炎2
バーナーも2系統乗っているのだと説明がありました。
それぞれ音が違いました。


炎1
音と同時に炎が上がります。


上空4
田植えが終わり、稲が育ち始めた水田が朝の太陽を受けて鏡のように光っています。


下降1
今度は少しづつ下降してゆきます。


下降2
次の方々が下で待っています。
この日は3回のフライトがありました。


下降3
着地のときは多少衝撃があるので、
ゴンドラの中で、少し膝を曲げるよう指示がありました。


下降4
では3回目の離陸。
スタッフがゴンドラから降りると、またふわあ~と浮き上がります。


下降5
「いってらっしゃい!」
降りた方は気球をバックに余裕の記念撮影。


下降6
3回目の上昇は省略して、最後の着地です。


下降7
ブルーシートの上を目指して着陸。


下降8
なんと、お客さんが乗ったまま担いでいきます。


下降9
端っこに・・・


着地
着地させて・・・。
お客さんが降りたら・・・


萎む1
おお、萎み始めました・・・!


萎む2
おお・・・


萎む3
ああ・・・


萎む4
倒れました。


萎む5
スタッフが球皮に集まり・・・


萎む6
皆で球皮を畳む・・・


撤収1
各自、撤収作業が進んでゆきます。


お見送り
こちらは、先程のお客さんが帰られるのでお見送り。


撤収2
こちらでは皆で空気を抜いて・・・


撤収3
ゴンドラを荷台に乗せて・・


撤収4
シートを、

撤収5
かぶせて、


撤収6
皆で球皮をしまって完了です。


ロゴ1
「安曇野汽船」ロゴマークが車に貼ってありました。


ロゴ2
窓のシールも気球!

気球からの風景も素晴らしかったですが、
スタッフが一丸となって行う
気球の「膨らむ」「上がる」「萎む」姿、見ているのもとても面白かったです。


冬の日
こちらは冬のフリーフライトで、田んぼの中におりてくるところ。
今度は是非地上1000メートルまで風に揺られてみたいです。

秋・冬・春(12月~3月)は、係留ではなく約40分間の本物の熱気球も行われています。


One Response to “安曇野气船 その2|30メートルの上空から安曇野を一望|安曇野市穂高”

Leave a Reply





安曇野市, 遊ぶ