nav-left cat-right
cat-right
Topics

BESSYO ESPRESSO|温泉街で日本唯一のエスプレッソを!|上田市別所温泉

路地に漂う豆の香りは・・なんと 備長炭の七厘で焙煎されていました。
七厘
もともと都会で、豆を取り扱う仕事をしていたという店主が、
その豆を追及して、シアトルに単身修行し、行きついたというこの味、そして この場所。
店名のとおり、このエプレッソが・・ここ別所温泉の活性化にもつながれば・・とおっしゃっていました。

住所:長野県上田市別所温泉208-1
電話:0268-75-5478
営業時間:9時~12時、14時~17時(土・日曜、祝日は9時~17時)
※豆が終了次第閉店
定休日:月曜の午後、火曜(祝日は営業)
駐車場:3台
ホームページ: http://www.bessyo-espresso.jp


大きな地図で見る

温泉
別所温泉の外湯で唯一の露天風呂「大湯」からすぐです。
大湯を背に・・

通り1
左に「旅の宿南條」右に「和泉屋」を過ぎて・・


外観3
斎藤旅館の看板が出ているこの建物の1階です。


外観2
正面から見るとこんな感じ・・
この温泉街に馴染んでいながらも・・・「お!」と足を停めたくなるナニカがあります。


外観1
レトロ・・
それだけじゃないかんじ・・・


看板
お店の看板。


ベンチ
テイクアウトもできるので、
温泉上がりに 外でコーヒー 一杯・・・
も ここならでは。


案内1
「手網式、備長炭で丁寧に焙煎したコーヒーです。」
とあります。


営業時間
営業時間案内。


入口から
サッシを開けて、店内へ。


レコード
香りとともに流れてくる音楽は、やはりレコード!


棚2
ジャズ、クラシック・・いろんなジャンルのレコードが棚にありました。


店内1
豆の匂いは奥で焙煎中・・


ショーケース
手前のショ-ケースの中には、カメラやラジオのお宝が・・・


棚
こちらの棚もなつかしい品々が・・。


店内2
お洒落な店内には、常連さんのようです、
若者や高齢の方まで、お店にいる間にも いろんな世代の方が来られていました。
コミュニケーションの場でであり、いろんな情報の発信地にもなってるようです。


店内から
窓ごしから見える路地にも、「あじ」があって・・素敵です。


店内4
ひとりの方でもゆっくり外を見ながらコーヒーを頂けます。


店内3
テーブルも椅子もそれぞれ違いますが、
どれも高さも程よく調節されていて、
古いものが、カッコよ~く大事にされていました。


注文コーヒー
今月のおすすめコーヒー
「ホンジュラス ラ・カモテラ」(500円)を注文しました。
お盆にのって出てきました。


砂糖セット
お砂糖類。


ビスコッティ
ルヴァンのビスコッティも食べられます。90円。


焙煎中3
店の奥で店主は焙煎中です。


七厘
少量ずつ・・
丁寧に・・・


焙煎中
そしてすべて手作業・・・


焙煎中2
もちろん豆の産地も店主が厳選しています。


豆瓶
焙煎して・・香りがピークを迎えるまで2日ほど寝かせて・・ドリップします。


カップ
テイクアウト用カップ。


豆瓶2
豆のテイクアウトももちろんできます。


豆4
持ち帰り豆一覧。
豆の名前がそれぞれユニークです。


豆3
八角ブレンド(100g 880円)
木々に守られた、近くの歴史ある八角三重の塔から名付けられたようです。


豆2
北向きブレンド(100g 870円)
北向き観音様からのネーミング。


豆1
左から
愛染 ブレンド(100g 850円) 北向観音境内の愛染桂の大木のいわれから。
独鈷山 ブレンド 塩田平の独鈷山を。
村正 ブレンド(100g 860円)真田幸村の愛刀「村正」から。


どの名前にもこの土地への店主の熱い愛情を感じます。

お好みの豆も種類など、わからない方も気軽に相談にのってくれます。
また、「黒蜜マキアート」や 「自家製チョコレートのカフェモカ」 「信州蜂蜜カプチーノ」など
女性や甘いものが好きな方がよろこびそうなオリジナルメニューもありました。

Leave a Reply





上田・佐久, 買う, 遊ぶ, 食べる