花バスと阪急バス|松本ICから大阪までの「日帰りバス」と「夜行バス」|松本市

野菊でしょうか?
バスに1台、1台に描かれた「花」の種類が違うから、「花バス」という名前なんだそうです。
花バス3
松本、安曇野市内から大阪に「高速バス」で行く場合、
2012.9月現在、「花バス(トラビスジャパン)」と「阪急バス(アルピコ)」があり、
出発時間や停留場所、金額で選べます。

今回は、松本インターを、朝一番4時50分発の「花バス」に乗り、午前10時に梅田着。
その日の夜10時に梅田を出る「アルピコ」の夜行バスに乗って、翌朝6時に戻ってくるバスの旅の様子をお届けします。

チケットはどちらもインターネットで予約、最寄りのコンビ二等で決済できます。

「トラビスジャパン」
http://www.highwaybus.net/
運行状況によりバス乗り換えあり
実車走行距離:約410km
所要時間(見込み):6時間30分
任意保険:対人無制限
塩尻北 みどり湖 岡谷  辰野 伊那 松川 飯田 安智
3700~4200円

「アルピコ交通」
夜行バスはこちらの会社のみでした。
もちろん昼間も走っています。
http://www.alpico.co.jp/access/express/matsumoto_osaka/

「花バス」の駐車場、少しわかりにくいです。
(「アルピコ」の駐車場とは別。高速の高架の反対側にあります。)

長野県松本市島立

夜は特に、真っ暗で目印になるものが見えにくいので、少し詳しく・・。
711
松本市内からですと、高速の高架を過ぎ、
セブンイレブンを過ぎて・・


小柴信号1
最初の信号機は、


小柴信号2
「小柴」

曲がるところ
この信号を過ぎて、最初のガードレールが切れた大きな出入口。
ライトでゆっくり確認しないと、通り過ぎてしまいます。


駐車場
同じ場所から。
昼間だと、あの塔が目印で、広い敷地なのでわかるのですが・・
暗いと何も見えません。初めて利用される方は、地図で詳しく確認されてください。


看板
駐車場に入ると、中の方、闇の中にこのような看板が見えてきます。
(せめて入口にあると助かるのですが)


看板2
駐車スペースは決まっており、1日1台300円でチケットと一緒に購入します。
プリントアウトしたものをフロントガラスに置いておき、駐車証明とする仕組みになっています。


バス到着
闇の中「豊科」から出発したバスが到着しました。
運転手さんが懐中電灯で、名前と席を確認して乗車します。


朝焼け
高速に乗ると、東山から、だんだん夜が明けてきました。


駒ヶ岳
乗客のいない停留所は飛ばしてました。
この日は岡谷のみで、あっという間に北アルプスも、八ヶ岳も見えなくなってしまいました。
辰野方面へ向かう車中もだんだん明るくなってゆきます。


シート
シートも花がら。


ic
辰野PAで休憩。


トイレ
トイレ。
バスにトイレはついていないので、休憩ごとにトイレに行くことをお勧めします。


売店
コンビニの中には信州のお土産物もたくさん売っていました。


伊那1
だんだんと、車外の風景も見えるようになってきました。


P9090841
朝日が注ぐ、伊那の田畑。


伊那2
バス時刻も順調に進んでいるようです。
とても親切な運転手さんでした。


駒ヶ岳
「駒が岳」でしょうか。


花バス1
この日は松川PAで乗り換え。
2台が1台に合流して大阪に向かいます。


花バス2
1台1台、花の種類が違うのです。
どのお花に乗れるかも楽しみですね。


花バス3
花のところが上がって荷物を積み込みます。


窓から1
人数も倍に増えて、出発進行。


窓から2
中信から南信に行くと、同じ信州でも、咲いている花やなっている果物がずいぶん違います。
南アルプスでしょうか。
山の稜線を眺めながらさらに南下してゆきます。


近畿
山もずいぶん低くなり・・


木曽川
木曽川を過ぎて・・・


表示
草津PAで最後の休憩。


暑さ対策
暑さ対策。
蒸気を飛ばしているのがわかるでしょうか。
涼しい信州を後にしたことを実感します。


花バス4
駐車場はたくさんの高速バスが停まっているので、離れると見つけにくいですが、
花バスは一目瞭然!


案内
さらに、乗り口で確認!


大阪
いよいよ、大阪圏内に入った模様です。
ちらっと見えているのは・・・


太陽の塔
こんなに大きいとは、知りませんでした。
万博公園の「太陽の塔」。


窓から3
市内。
反対車線との間に阪急電車が走っています。



窓から5
川の向こうに、ビル群が見えてきました。


発着所
「梅田」到着。
阪急梅田駅まで歩いて2~3分のところでした。
往復の方はまたここから乗ります。



帰りは梅田のバスターミナルから、阪急の夜行バスです。
10時出発でしたが、関東、九州、各方面へ出発する人とバスで賑わっていました。
夜行バス内
乗ったとたん、寝ている方もいるので、フラッシュはたけず、ちょっと見にくいですが・・。


バス内2
3列シートの大きなバスです。
満員です。


バス内3
すでにすべてのカーテンは閉められていました。


表示
梅田を出た後は、長野県内以下のところに停まります。
降車ベルを押さないと素通りする仕組みだと、音声ガイダンスが伝えていました。


バス内7
2段バス(1階が運転手)で、この階段を降りるとトイレです。
見えにくいですが、セルフのコーヒーなども置いてありました。


バス1
途中休憩があり、朝、6時に松本インターに到着。
明るいところで改めて見ると、大きなバスですね。


注意
アルピコ専用駐車場も、降車場と反対車線。
高速から、車が飛ばして降りてくるので、横断は危険です。


バス2
終点・松本バスターミナル、朝日の方へ向かってゆきました。

どちらのバスも、大阪に用がある場合、
電車より安く(同会社で購入すれば往復割引もあります)、「夜行バス」を使えば滞在時間も長く過ごせるところが、メリットです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク