聖湖|へら鮒釣りのメッカ|東筑摩郡麻績村

聖湖は聖山(標高1447m)の麓に広がる聖高原にある自然湖。
バブル期は栄えていたそうですが、今はすっかり寂れた感じの避暑地です。
人気のある他の観光地とは違い、混雑することはないので、本当にゆっくりしたい時におすすめ。
ロケーションはまあまあ、へら鮒釣りが盛んです。
湖畔公園、スカイライダー、聖高原キャンプ場、聖博物館などのレジャースポットはこちらの記事へ。



36.488006,138.066387

聖高原観光案内センター
Tel:0263-67-2133
Fax:0263-67-3739


麻績ICを下りて国道403号線を聖高原方面へ約10分。
ここが聖湖の玄関口。
湖の玄関口


ちょうど標高1000mのところみたいですね。
湖名板


なにかと湖名が書かれたものが多いです。
湖名の碑


すぐ近くに聖高原観光案内センター
観光案内センター


その向かいには管理センター
管理センター


管理センターの横に「聖レイクサイド館」
レイクサイド館
湖周辺にお土産や飲食店はここくらいしかありません。
宴会や仕出しもやっているようです。
TEL: 0263-67-3511
営業時間: 10時~17時(オーダーストップ16時30分)
定休日: 水曜日(夏季は休まず営業)(12~3月は、火曜日もお休み)


聖湖管理事務所
湖管理事務所
釣りやボートの受付はこちらです。


ちなみに自動販売機は管理事務所前と対岸のキャンプ場下のトイレ前にあります。
どちらもコカコーラ。
自販機


貸しボートはハクチョウのペダルボートと手漕ぎボートの2種類。
ハクチョウのペダルボートと貸しボート
4月下旬~11月上旬、午前9時~午後5時。
手漕ぎボートは、30分800円、1時間1200円。
ハクチョウボートは、30分1200円、1時間2000円。


ヘラ鮒釣規則
釣規則
ヘラ鮒釣り案内はこちらを参考に。


湖を覗くとヘラ鮒っぽいのが見えました。
へら鮒


1周は約1kmほど。散策するにはちょうど良い大きさの湖だと思います。
周辺にはキャンプ場や公園などレジャースポットもあります。
管理事務所から左回りに湖を1周してみました。
湖畔の案内図


まず、どうしても目についてしまうのが、廃墟ホテル。
湖周辺の山荘やホテルなどはだいたいこんな感じで、バブル崩壊の爪痕を所々感じます。
廃墟ホテル
湖の玄関口付近にあるのはちょっと痛いですね。


その廃墟ホテルの向かいにはバス停があります。
バス停


やはり本数は少なめ。
時刻表


湖には釣り用の桟橋がいくつか設置されており、それぞれ名前もついています。
向こう岸から撮影したものですが、まず白樺桟橋があります。(定員74人)
白樺桟橋


白樺桟橋の近くにある湖畔通りには若山牧水の歌碑があります。
ちょっと山を登った目立たない場所にひっそりとあります。
歌碑のある場所


若山牧水歌碑
「山に入り雪の中なる朴の木にから松に何とものを言ふべき」
若山牧水歌碑
第5歌集「死か芸術か」に「信濃より甲斐へ旅せし前後の歌、十六首」として収録されている歌だそうです。


裏側にはプロフィールなどが書かれています。
牧水は明治45年3月、歌会で麻績村を訪れたんだそうです。
歌碑の裏


湖畔公園近くの山側には聖山頂上へと続く自然歩道があります。
リフトではなく自分の足で山頂を目指したい時はどうぞ。
自然歩道
湖畔公園やキャンプ場、博物館などはこちらの記事をご覧ください。


スキー場の下にもホテルかドライブインらしきものがありますが、ご覧の通り。
高原ホテル


弁天桟橋(定員12人)  湖畔公園の近くです。
弁天桟橋


弁天神社
弁天神社


何の建物かは???ですが、弁天神社の隣にある建物
何かの建物


管理事務所から遠く離れた場所にも注意書き。
注意書き


大きな東屋の奥に建物
大きな東屋


番場荘
番場荘


罰金10万だそうですよ。
持ち去り禁止


公園下桟橋(定員35人)
公園下桟橋


聖湖に設置されているゴミ箱はこんな感じ。年季入ってます。
ゴミ箱


崖桟橋(定員54人)
崖桟橋


北土手駐車場
北土手駐車場


ここは猿ヶ馬場峠と言って、中信から北信を結ぶ善光寺道一の難所だったそうです。
猿が馬場峠


湖の北側がちょうど村境。
村名表示


国道沿いの駐車場
街道沿いの駐車場


一本杉桟橋(定員24人)
一本杉桟橋


一本杉桟橋の上には湖を望めるちょうどいい東屋があります。
湖を望む東屋


街道桟橋(定員60人)
街道桟橋


国道沿いの湖畔道路は散策しやすいように整備されています。
湖畔道路


湖管理事務所の左側には、竹久夢二の歌碑。
「番場峠の五月の花は枝は東に根は西へ」
竹久夢二の歌碑
大正13年春、夢二はここを訪れ、湖畔に咲く5月の花(山桜)の美しさを賞でて、この句を残したそうです。


これで聖湖1周です。
湖を眺められるデッキ
湖畔公園、スカイライダー、聖高原キャンプ場、聖博物館などのレジャースポットについてはこちらの記事へ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント