ほりがね炭火焼肉料理店|七輪で焼肉|安曇野市豊科

普通の民家のような隠れ家焼肉店。
ただ、脇道に入ったところにあるので、知らないと迷ってしまうかもしれません。お店までの行き方は以下を参考にしてみてください。
目立たない場所にありながらも、口コミで大人気の焼肉屋さんです。

お肉は七輪で焼いて食べるので、やわらかく香ばしい味わいです。
排煙装置がなく、換気扇だけなのでちょっと煙いですが、アットホームな感じでくつろげます。

住所:安曇野市豊科南穂高2629-6
電話:0263-72-0066
営業時間:17:00~22:00
定休日:水曜日


地図を見てもわかりづらいと思いますので、写真で説明します。

豊科インターからだと、インターを出て直進し、「光橋西」の交差点を左折。
その先の交差点「踏入」を左折します。
行き方1

100メートルくらい行くと・・・
行き方2

左に車一台分が通れるくらいの細い道があるので、そこを左折。
行き方3

この細い道をちょっと行くと・・・
行き方4

T字路にでます。ここを左折。
行き方5
直進すると、さっきの通りに戻ります。

すると、広い駐車場と遠くに赤提灯の下がった門が見えてきます。
これがお店です。
駐車場と奥に赤提灯

(有)サンエバーさんの駐車場を通過して行きますので、ここを左折。
行き方6

駐車場は広々30台分
駐車場
早めに来たので、トップバッターでした。

長屋門をくぐります。
長屋門に赤提灯ふたつ
提灯がなければ、普通の民家のようです。

これがお店の目印となる赤い提灯。
ほりがね
知らなきゃ居酒屋と勘違いしてしまうかも・・・。

長屋門の中は、普通に農機具が置いてあります。
農機具

焼肉屋っぽくない店舗外観
庭の奥に古民家風のお店
ここから見ると本当に普通の民家です。

お庭はとっても立派
立派なお庭

庭から見たお座敷
お座敷を外から

入口には盛り塩がしてありました。
壺の上に盛り塩

名前はわかりませんが、見たことあるかも。
昔の人が背中に背負っていたやつ・・・ですよね?
背中に背負うやつ

ブザーを押すと、お店の人がお出迎えしてくれます。
ブザー

天井が高く、広い玄関。
玄関

お客用の靴箱
靴箱

廊下には骨董品のような置物や家具が並んでいます。
高級な家具が並ぶ廊下

ボトルキープ
アンティークなガラスケースに入ってます。
ボトルキープ
常連さんが多いみたいですね。

お座敷の様子
店舗内の様子
畳張りのところと、絨毯張り二種類あります。

普通の机もありますが、切り株の机もあります。
切り株の机

切り株の火鉢も・・・。
切り株の中に鉄瓶

天井も装飾も凝ってます。
天井

照明もアンティークな感じでいい雰囲気。
アンティークな照明

床の間にも、もちろん希少価値のありそうなお皿や掛け軸が飾られています。
床の間

中庭もあります。
中庭

その奥にはトイレ。
トイレ
懐かし~い昭和なトイレ。

席に通されると、まず七輪が運ばれてきます。
七輪

側面はお経柄??
漢字模様の側面

メニュー一覧
メニュー1

ドリンクメニュー
メニュー2

テーブルセットは、塩、つまようじ、壺。
テーブルセット

壺の中は灰皿です。
灰皿

タレは醤油ダレのみ。
いろいろ選べるとGoodなんですが・・・。どうしてもっていう人は持参しましょう。
タレと割り箸

とりあえず生中
生中

究極絹とうふサラダ370円
究極絹とうふサラダ370円
ドレッシングのかわりに梅肉がかかっているんですが、これがなにげにおいしい。

得々ミックス盛り2080円(4~5人前)
得々ミックス盛り2080円
いろいろな味が楽しめるうえに、このボリューム。
お得感たっぷりです。

七輪で焼いていきます。
七輪で焼肉

やっぱり炭火はうまいっ!!
焼けたお肉
余分な油が落ち、やわらかく、香ばしく焼けます。

上カルビ880円
上カルビ880円

豚トロ500円
豚トロ500円

上ミノ680円
上ミノ680円

焼肉にはやっぱりゴハン♪
ライス160円

石焼ビビンバ800円
石焼ビビンバ800円
おなかいっぱいでもぺロリといけちゃうくらい後引くおいしさです。

しめはアイスで・・・。
ポーションアイスクリームバニラ200円

排煙装置がないので、換気扇が頑張って煙を吸い込みます。
換気扇
早めに来て空いていたのでそれほど煙くありませんでしたが、混んでいる時はそれなりのご覚悟を。
ドライマークの服は着ていかない方がベターです。

もうちょっと食べれるかと思いましたが、一品一品が量があるのでおなかいっぱいです。
ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした

お会計は廊下の奥。厨房もその奥にあります。
廊下に公衆電話

とっても気さくなご主人と、アットホームな雰囲気のお店で、くつろぎながら焼肉を楽しむことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク