有島武朗終焉地碑|波多野秋子と心中、小説家.有島武郎の別荘跡|軽井沢町軽井沢

軽井沢にある碑は、有島武郎が情死した浄月庵跡にある。

大正十二年(1923年)波多野秋子(婦人記者)と心中をした小説家・有島武郎の別荘、浄月庵(じょうげつあん)跡に建てられた石碑である。武郎がスイスで出会った少女、チルダに送った手紙の一節を刻み込んだチルダ友情の碑もある。

36.371179,138.629933

有島武朗終焉地碑 案内標識
旧軽井沢銀座ロータリーから三笠通リを進み、旧三笠ホテルの少し手前を道路標識に沿って唐掘通りを入る。

有島武朗終焉地への道
この小道の木立のなかを進む。


有島武朗終焉地碑 案内標識
小道の途中から案内標識に沿って右に曲がり、少し歩くと視界が開けた場所がある。ここが有島武朗の終焉地碑である。


終焉地碑解説版
有島武朗終焉地碑 終焉地碑解説版
有島武郎終焉地碑について日本語・英語・中国語・韓国語で解説されている。


全景
有島武朗終焉地碑 終焉地碑全景Ⅰ
この地が有島武朗の別荘「浄月庵」があった場所である。現在は塩沢湖の近くに移転し公開している。

有島武朗終焉地碑 終焉地碑全景Ⅱ
有島武朗は大正16年6月9日この地「浄月庵」で愛人波多野秋子とともに自らの命を絶った。

有島武朗終焉地碑 終焉地碑全景Ⅲ


有島武朗終焉地碑 浄月庵(塩沢通リ)
有島武朗終焉地碑 浄月庵(塩沢通リ)
現在、浄月庵は塩沢湖の近くに移転されている。


チルダへの友情の碑
有島武朗終焉地碑 チルダへの友情の碑Ⅰ
碑のそばには「チルダへの友情碑」が建つ。チルダは武朗がスイスへ旅行した時の友人であり、帰国後も文通が続いた。

有島武朗終焉地碑 チルダへの友情の碑Ⅱ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク