雲場池の四季と雲場亭|木立囲まれた湖で散策や写真撮影を楽しむ|軽井沢町軽井沢

軽井沢駅から約15分、離山通り六本辻の交差点から雲場通りを100mほど歩いたところに木立囲まれた雲場池がある。
雲場池案内版

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

雲場池駐車場
駐車場は離山通りに面したところに、大きな駐車場の標識がある。この駐車場から雲場池まで歩いて80mだ。


雲場池(公園入口)
雲場池入口から木立のなかをぬけると、池に光り輝く湖面と木々の緑が眼にまぶしく飛び込んでくる。


夏の雲場池

雲場池(夏)1
雲場池は別名スワンレイクとも呼ばれ、まさに白鳥が羽を休める場所にふさわしいところである。


雲場池(夏)2
雲場池には20分ほどで一周できる遊歩道がある。池のほとりを全身に森林浴を浴びながら散策すると良い。


雲場池(夏)3
春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、冬は雪景色といずれの季節も撮影、写生に絶好のスポットである。


初秋の雲場池

雲場池(初秋)1
初秋の紅葉が始まるころは緑の木々と、ほのかに赤く染まった木々の色が絶妙にバランスして美しい。


雲場池(初秋)2
初秋の季節に紅葉した雲場池の散策も、お勧めコースである。


秋の雲場池

雲場池(初秋)3
混雑した紅葉の最盛期を避け、この淡い紅葉を楽しんではどうですか。

雲場池(初秋)4


雲場池(秋)1
太陽の光を浴びて湖面に写しだされるモミジの紅葉はまさに絶景である。


雲場池(秋)2
紅葉の季節の雲場池は、自然の全てがシャッターチャンスとなる。


雲場池(秋)3
紅葉と落ち葉、そして湖面に写る紅く染まった木々、この美しさを楽しみながら遊歩道をゆっくり散策するとよい。


雲場池(秋)4
観てくださいこの絶景!青く澄んだ秋空、湖畔の木々、そして湖面に写しだされた色とりどりの木々を。


雲場池(秋)5
遊歩道をアーチのように囲む紅く色ずいたモミジの谷間。


雲場池(秋)6
モミジの種類も多く、紅葉の時期もそれぞれに異なる。対岸のモミジに比較し手前は淡い紅葉であることに気付く。


雲場池(秋)7
ドウダンツツジの紅葉が遊歩道を紅く染めている。


雲場池(秋)8
雲場池の遊歩道から手入の行き届いた別荘内の紅葉を観ることができる。


雲場池(秋)9
小川のせせらぎと小川に浮かぶ落ち葉、そして赤く染まったモミジが絶妙にバランスし美しい。


雲場池(秋)10
二匹の錦鯉が、湖面に浮かぶ落ち葉と紅葉の秋を楽しむがごとく優雅に泳いでいる。


雲場池(秋)11
秋の陽の光を浴びながら池に遊ぶ鴨達の姿を観ることが出来る。


雲場池の冬

空の青と雪化粧した木立が雲場池の湖面に覆い被さるように鮮やかに写しだされている。冬の軽井沢は四季のなかで一番美しいのかも知れない。



白銀に輝く雲場池の周辺の木々が、朝日を浴びて湖面に凛として輝く光景である。



雪の降り積もった朝の雲場池前の「雲場通り」の光景である。朝の太陽の光がまぶしい。



雪に埋まった雲場池正面入口。まだ朝は早いというのに雪道には人の足跡が湖畔に向かってもう続いている。



深い雪のなかを雲場池の奥地まで一歩足を踏み込んで撮影した景観である。雪の雲場池の散策は心が洗われるようである。



新雪に耀く雲場池の朝、太陽をを背にいっぱい受け気持ちよさそうに湖面で遊ぶ鴨達。



木立に降り積もった雪の下で、湖面を泳ぐ鴨達、なんと長閑な光景だ。



誰かが踏みしめた新雪の遊歩道を、朝の太陽を浴びながら歩く。何とも清清しい朝だ。



この写真の位置は、野鳥が集まる場所だと野鳥専門のカメラマンが教えてくれた。ここは木の実が豊富だという。



朝一番にカメラを担いで遊歩道を歩く、この光景をカメラに収めようとする多くのマニアに出会う。誰ともなしに声を掛け合いこの絶景に共感する。



湧き水が降り積もった新雪の雪間から雲場池へと注がれる光景である。



朝の太陽の光を浴びて耀く、雪に覆われた木立の姿である。


雲場亭
雲場亭全景
雲場池にほとりに、緑の木立に囲まれたウッディーな小ジャレタレストランがある。


雲場亭全景
夏は青葉が茂る木陰のテラスで食事をすることもできる。


全景(冬)

この雪の雲場池を眺めながらの熱いコーヒーは格別の味と思ったが、残念ながら冬季は休業だ。しかし軽井沢の冬らしい光景である。



長い冬の間、ヒッソリと春の訪れと、お客を待つ冬のレストラン雲馬亭である。


レストラン内
レストランの二階から食事を楽しみながら雲場池を眺めると、より一層避暑地軽井沢を感じることができる。


メニュー
メニューは新鮮信州の川魚、国産牛を基調とした料理である。特にビーフカレーは私のお勧めだ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク