軽井沢歴史民族資料館|杉浦翠子歌碑|軽井沢発展の歴史|軽井沢長倉

民族資料館では、軽井沢の宿場町としての発展から、別荘地への発展、また軽井沢の別荘を拠点に活躍した多くの文学者達の貴重な資料が展示されている。

民族資料館

〒389-0111
北佐久郡軽井沢町大字長倉2112-101
電話:0267-42-6334
開館:9時~17時(入館は16時半まで)
休館:月曜・祝日の翌日・年末年始・7月15日~10月31日は無休
(11月16日から翌年3月31日まで休館)
入館料:大人400円・子供200円(隣にある市村記念館と共通)

案内標識Ⅰ
歴史民族資料館
歴史民族資料館は、国道18号線沿いの離山公園内にあり、旧雨宮邸、市村記念館と併設された小高い丘の上に建つ。


資料館案内
民族資料館の入館料
民族資料館の入館料は大人400円、子供200円である。


正面玄関
正面玄関
館内の第1展示室には「道の文化史と軽井沢」、第2展示室には別荘で文学に取組んだ「別荘と文学活動」、第3展示室には「高冷地の暮らしの民具」のテーマ別に展示されている。


資料館全景Ⅰ
資料館は緑の生茂った木立のなか
資料館は緑の生茂った木立のなかにある。


資料館全景Ⅱ
資料館全景


資料館庭内
資料館庭内
資料館の庭内には小鳥の巣箱もある静かな場所である。


資料館庭内
資料館庭内
歴史民族資料館と市村記念館とは木立のなかの遊歩道でつながっている。市村記念館に行くにはこの道を利用すれば近道である。


杉浦 翠子歌碑
杉浦 翠子歌碑
杉浦翠子は大正・昭和(1891~1960)の日本歌壇を代表する女流歌人である。歌碑は翠子の没後に夫杉浦非水によって中軽井沢別荘内に建てられた。
その後、軽井沢町に寄贈され現民族資料館入口に移築された。


案内版(3ケ国語)
歌碑の解説版
歌碑の解説版には日本語・英語、中国語、韓国語の4カ国語で説明されている。


歌碑解説
歌碑解説
杉浦翠子の歌碑の由来について解説されている。


歌碑
歌碑の句
歌碑の句は浅間山の情景を歌った「あめつちに おのれさびしと おもうとき 浅間はもゆる 陽のいりぎはを」が刻まれている。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント