nav-left cat-right
cat-right
Topics

風越公園オリンピック記念館|夏と冬の聖火台を見ることのできる世界で唯一の都市|軽井沢町発地

軽井沢は「夏季」「冬季」両方のオリンピックが開催された世界で唯一の都市ある。
夏は1964年に東京オリンピックの総合馬術競技が開催された。
軽井沢オリンピック記念館
また冬は1998年に 「カーリング」がオリンピックの正式競技として初めて開催され、メディアを通じ世界中に感動を与えた会場である。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1157-6
電話:0267-48-2145
入館料:一般200円 高校生以下100円 小学生未満無料

長野県北佐久郡軽井沢町発地1157−6

軽井沢オリンピック記念館カーリング聖火台解説
オリンピックに使用された聖火台は軽井沢町に夏冬2回オリンピックが軽井沢で開催されたことを記念して記念館の敷地内に二つの聖火台を併設した。


軽井沢オリンピック記念館カーリング競技聖火台
1964年(昭和39年)東京オリンピックの総合馬術競技期間中燃え続けた聖火台である。


軽井沢オリンピック記念館総合馬術競技聖火台
1998年(平成10年)長野オリンピックのカーリング競技期間中燃え続けた聖火台である。


軽井沢オリンピック記念館全景Ⅰ
オリンピック記念館には、軽井沢で夏冬2回の開催を記念する歴史的資料や展示物、感動の写真等を展示し公開している。


軽井沢オリンピック記念館全景Ⅱ
1998年(平成10年)のカーリングオリンピック会場である。


軽井沢オリンピック記念館内Ⅰ(馬術)
総合馬術競技は12ケ国から48人が参加し馬場馬術、野外騎乗、障害飛越がおこなわれた。


軽井沢オリンピック記念館内Ⅱ(カーリング)
カーリングは男女8ケ国の選手が参加し開催された。オリンピックの正式種目として開催された初めての地である。


軽井沢オリンピック記念館内Ⅲ
館内にはオリンピックに使用された競技服、カーリング競技用のストーン・解説等、また感動の数々の写真が展示されている。


軽井沢オリンピック記念館内Ⅳ
館内展示品コーナー

Leave a Reply





観る, 軽井沢町