旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【4】|三五山トンネル~明科駅|安曇野市明科

旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネル(明科駅側)
篠ノ井線新線開通によって、廃線となった明科の旧国鉄篠ノ井線の廃線敷は、現在、JR篠ノ井線明科駅から潮沢信号場までの約6kmのトレッキングコースとして利用されています。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【3】の続きです。

三五山トンネルから明科駅までを歩いてみました。

三五山トンネル(125m)※トンネル内閉鎖のため迂回 (0.4km・10分) →(0.5km・10分)→ 潮神明宮→(1.2km・30分)→ JR明科駅



いったん廃線敷を離れ、県道403 号線に向かいます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネルから国道へ

ここからスタートする場合は、このT字路を曲がってくださいね。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネル付近の国道
R19号木戸の交差点近くにあります。

国道をちょっと歩くと明北小学校が見えてきます。
この小学校の脇にある道へ。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 明北小脇

ちょっとだけ登り坂です。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネルの迂回路

三五山トンネルの明科駅側に出ます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネルと写真愛好家
ここが開通すれば近道なんですけどね。
「通れないの?」と落胆する方の姿も。。。

しっかり鍵がかかっています。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネルの鍵
現在は鉄の扉で閉ざされ、封鎖されています。

半径300㍍のカーブ中にあるトンネル。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネルの内部
内部は漆久保トンネル以上に不気味~。
肝だめしにピッタリかも。

さて、明科駅へ向けて歩きましょう。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 三五山トンネル周辺の景色
潮神明宮までは直線コースです。

当時の架線柱
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 当時の支柱
まだ使えそう。

上から見た明北小
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 明北小が見える
この辺の小学校の屋根は、みんな赤っぽい。

潮神明宮
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 潮神明宮
春祭りの「柴船」が有名です。

その隣は、安國寺
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 安國寺

明科総合福祉センター 「あいりす」
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 あいりす
安曇野市明科地区の保健センターです。

何かの石仏が並んでいます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 石仏

ここまで来ると、廃線敷きウォーキングという感じよりも、普通の道をお散歩という感じになってきます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 廃線敷らしさがなくなってきた

現篠ノ井線
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 現篠ノ井線を走る列車
ちょうど電車がきました。

橋梁の下はこんなふう。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 橋の下

現篠ノ井線のトンネルは頑丈ですね。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 現篠ノ井線のトンネル

下には会田川が流れています。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 会田川

せごだ橋を渡って・・・
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 せごだばし

あとは明科駅まで頑張って歩きましょう。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 普通の道
意外とここからが遠いです。

潮神明宮から歩くこと30分。。。
明科駅到着!!
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 明科駅
ふぅ~。
ちょっとは痩せた?

明科駅からは長峰山のトレッキングコースもあります。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 トレッキングコースの看板

・・・が、もうヘトヘトなので、また機会があれば行ってみたいと思います。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 ここまでの消費カロリー付き

周回コースではないのが欠点ですが、日頃の運動不足解消に歩いてみてはいかがでしょうか?


廃線敷きコース:
旧第2白坂トンネル入口→(0.7km・15分)→ 潮沢信号場→(0.7km ・15分) → 漆久保トンネル(53m)→(0.6km・10分)→ けやきの森自然園(0.4km・10分)→(0.9km・15分)→ 東平(北アルプス展望)→(1.0km・15分)→ 三五山トンネル(125m)※トンネル内閉鎖のため迂回 (0.4km・10分) →(0.5km・10分)→ 潮神明宮→(1.2km・30分)→ JR明科駅
【1】白坂トンネル~漆久保トンネル
【2】善覚様と覚明様~マレットゴルフ場
【3】けやきの森自然園~三五山トンネル
【4】三五山トンネル~明科駅


36.373181,137.953734

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント