ミッチェルディーバー|デラ工房の家具とセレクト雑貨のお店|北安曇郡松川村

あれ?イギリスのお宅に入っちゃった?
外観3
・・・という感じの、
こちらは池田町に工場がある「デラ工房」のショウルーム。
工房で製作されたキッチン・家具、
そして英・仏などの壁紙やカーテン生地が見られるだけでなく、
帽子・洋服・雑貨なども販売しています。

住所:長野県北安曇郡松川村4302-15
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜・日曜・第一月曜日
電話:0261-62-9003
ファックス:0261-62-9174
ホームページ:http://derakoubou.com

長野県北安曇郡松川村



道1
穂高方面からですと、直売所「ちろりん村」を過ぎ、山麓線(306号)を大町方面へ向かう途中、
左手に看板が出ています。
右手にはサーフボードの看板「36オート」があります。


道3
お店の看板、アップです。
ここを左折します。

大町から
大町方面からですと、
このお店の看板の反対側に「祖父が塚古墳」「桜沢遺跡」の看板が出ていますので、ここを右折。


道5
南馬羅尾線、こんな感じの林道を650m進みます。


道9
そして最初の、ここを左折。


道7
この青い看板が目印、宮城方面へ進みます。


道8
手前にお店の看板も出ています。
あと300メートル。


道11
途中左手には、


道12
先程の案内の遺跡公園。


道13
車から見える展望も抜群ですね!


道16
そして、坂を下り始めると、左手に見えてきました。
こちらは家の背面のようです。


道15
屋根に看板が出ています。


外観2
こちら正面から。
正面が駐車スペースになっています。


外観1
手づくりの看板。


外観3
外観をアップで。


店内へ
では店内へ入ってみましょう。


相談スペース
入って右手が相談スペースになっています。


モリス椅子
その椅子も、デラ工房製作。
生地は「サンダーソン」。


生地
カウンターに「モリス」の生地の見本もあります。
家具だけでなく、空間全体のデザインなどの相談に、
オーナー夫妻が親身にアドバイスにのってくれます。


食器
家具にあった食器も展示してあります。
毎年冬の時期はバーゲンもあるので要チェックです。


全体
振り返って、
玄関右手はキッチンの展示コーナー。


キッチン1
大きく3つのコーナーに分かれています。
一つ目。


キッチン2
二つ目。


キッチン3
三つ目。


食器洗い場
三つ目の食器を洗うスペース、
洗ったお皿を置くステンのスペースは、蛇口右側にも変更できます。
洗い手の、右利き・左利きによっても、その時の使いやすさでも変えられて機能的!


化粧箱
二つ目のテーブル・・・奥に細工小箱発見。
神殿みたいなカタチ・・優雅ですね。


収納
細工箱の置いてあるテーブルの下はこんな感じ。


棚2
一つ目のキッチンのカウンター。
紅茶は・・オブジェ・・じゃなくて、ここで販売もしています。


収納アップ
この収納!!
この本格的システムキッチンはオリジナルデザインだそうです。


収納2
ゆっくり閉じる引き出しはちょっと感動します。
高さ・幅など自由に注文できるそうです。
・・・この美しいカーブとデザイン・・・。
材料はシカモアという木。濃い部分はウオールナット。


天井
見上げると高い天井・・


スピーカー
聴こえてくる音楽はこのスピーカーから・・・
「スピーカーは楽器・・家具としても美しくつくりたい」という工房のこだわりが感じられます。


奥へ
では、奥へ・・


全体
ここから・・あれ?英国?という感じになっていました。


モリス
モリスの壁紙や生地・・全体で見ると選びやすいでしょうね。


紹介
代表の略歴。
と、雑誌ミセスのモリス特集。


衣料雑貨
お洋服も展示中。


テーブル
冬のバーゲン中でもあるので毛糸の雑貨もでてました。
雑貨を引き立たせる照明器具も素敵です。


洗面
壁紙や照明などで僅かな場所にこんな素敵な洗面スペースができるのですね。


壁紙
その壁紙。
ここからも選べるのでしょうか。


展示
窓からのひかりも、カーテンの色によって、部屋のイメージがずいぶん変わりますね。


家具
メディシンボックス・・というのだそうです。
トイレや洗面所の収納箱。
ホワイトオーク チョーク仕上げだそうです。


トイレ1
というわけで、その奥の洗面所へ。


トイレ2
照明の雰囲気が何ともお洒落れ。


入口付近
先程の相談コーナーに戻ってきました。


資料
手作り家具の中にはたくさんの資料・・


資料
「家具やカーテンも含めたトータルな空間作り」・・
デザインから製作、取り付けを一貫して行っているそうです。
素敵な家具の隣に・・


案内
木の質や色を見ながら・・・
お客さんのイメージを広げたり固めていったりするのでしょうか。
見ているだけでも、ワクワクして楽しそうですね。

見積は無料だそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク