nav-left cat-right
cat-right
Topics

女鳥羽の泉・善哉酒造|名水とその仕込み水で醸しだされる銘酒|松本市大手

創業80年の善哉酒造では、敷地内に地下30メートルから自墳している湧き水を「女鳥羽の泉」と名付け、仕込み水として活かしてきたそうです。
試飲
松本には昔は数多くの蔵元があったそうですが、今は市街地に残る唯一の蔵元となってしまいました。
名水と厳選された酒米、杜氏と蔵人の伝統の技術。信州の自然と歴史に育まれた松本の銘酒です。


長野県松本市大手5丁目4−24

住所:長野県松本市大手5-4-24
電話:0263-32-9054


前の通り
昭和の佇まいをのこす路地を歩いて行きます。
蔵がナイトクラブに改装されていたり、写真のような金網屋さんなど職人さんのお店、散歩しているだけでも楽しめます。


善哉
水場らしきものを、発見と思いきやその手前に大きな杉玉が!
看板を見て納得。
ここは湧き水のある酒蔵なのでした。


酒屋と泉外観
酒造所とお店の真ん中に泉が湧いています。


女鳥羽の泉
静かにこんこんと湧いていました。


泉アップ
女鳥羽川からよく見える美ヶ原を源とする湧水です。


ひしゃく
自由に水が汲めます。
ひしゃくもたくさん用意されています。


解説碑
平成の名水百選に認定されたそうです。
善哉醸造用水と彫られています。


神棚
神棚も石です。


甘酒
名水の上にぶら下がっていたのは甘酒の案内。


甘酒解説
解説も付いてます。


泉を覆う木
横から見ると名水の上の棚を木の枝が覆っています。
夏は木陰を作ってくれるのでしょうか。


杉玉アップ
杉玉ももう一度アップで見てみましょう。
緑の杉玉は新酒ができたお知らせ。
枯れてくると、新酒の熟成具合を物語るといわれています。


お店玄関
善哉酒造さんの玄関です。


店内
店内入ると酒屋さんでありながら懐かしい感じのあたたかい空間です。


免許
免許店の札にも年季がはいっています。


甘酒
先程の案内の甘酒を試飲させてくれました。まろやか!


取り扱いお酒
こちらでつくっているお酒です。


女鳥羽の泉
一押しはやはりその名の通り「女鳥羽の泉」だそうです。


陶器樽
こんなに大きな陶器の樽もお酒屋さんならではですね。

陶器とっくり
陶器のとっくりも大きいです。


辛口
贈答用だけでなく、自家用など一升瓶もいろいろあります。


ワンカップ
ワンカップもあります。


大吟醸
贈答用にも。


冷酒
生酒も冷えてます。


賞状
数々の賞状が飾られています。
金賞をとることも多いようですが「それで値段を変える店主ではない」と奥さまの口ぶりにも職人気質と誇りを感じます。


お雛様
とても素敵なお雛様が飾ってありました。
信州では4月に桃の節句を行います。


社交場
店内入ってすぐのテーブルは地元の方の社交場になっているようです。


玄関マット
ふと玄関マットに物影が・・


ミソサザイ
ミソサザイです。
とても人懐っこいのは、美味しい水のせいだけでなく、奥さまが、お米を餌にあげていたからでした。
ちなみにパンは食べないそうです。


観葉植物
入口の観葉植物も生き生きしているのはお水のお陰もあるのでしょうか。


試飲
「せっかくなので」と、いうことで、試飲がどんどん増えていきます。


試飲
右から酒袋で絞った大吟醸酒。
その隣、それを機械で絞った大吟醸酒。
さらにその隣は、限定25本の貴重品です。
酒袋の一番搾り・・といっても、袋からぽたぽたと落ちてくるものだけを集めたというのですから。
歩き、自転車の人には売ってくれません。揺られて発泡すると大変なことになりますから。


試飲2
一番左は無濾過の純米吟醸生原酒。
山案内人のリクエストで製品化したというだけあって、濃厚です。
お隣は左に比べると飲みやすい感じないなってます。


木桶
まだ現役でしょうか。


早朝絞り
「早朝絞り」は1年に3回のみ。
予約が必要なようです。

湧き水を飲みに行ったつもりが、湧き水の加工物を頂くこととなりました。
初めて訪れたお店でしたが、地元の方、遠方常連の方、飲める方、全く飲めないけどよく来るという方・・。
あっという間にお水を介して社交場になっているのはおかみさんの明るいお人柄なのでしょう。


Leave a Reply





松本市, 買う