メーヤウ桐店|味も本格的!!カレーバイキング|松本市桐

松本のカレー店でポピュラーな所といったら、メーヤウでしょうか。
食べ放題のカレーバイキングですが、味もしっかり本格的でスパイシー。
メーヤウは信大の近くに2店舗あり、桐店の方は「下メー」、信大前店の方は「上メー」と信大生は呼んでます。
ちなみに上メーはバイキングではありません。一皿600円~と安いので普通に食べたい時は上メーへ行きます。
下メーを利用するのはちょっとリッチな時・・・ですかね。
学生時代、思いっきりカレーを食べたい時にみんなで食べに行った思い出があります。久々に食べに行ってきました。

36.248392,137.973636

エスニックカリー メーヤウ 桐店
営業時間: 11:30~21:00
定休日: 水曜日
お問い合わせ: 0263-33-6504
長野県松本市桐1-2-35 小松プラザ 1F


信大の近くの萩町の交差点を西へ少し行った、コマツプラザ内にあります。
コマツプラザの看板
メーヤウ独自の看板はないので、コマツプラザのこの看板が目印。

駐車場はコマツプラザの駐車場へ。
駐車場

コマツプラザの一番西側の店舗です。
店舗外観


いかにもタイっぽい仏像が日向ぼっこ zzZZZ
インドの仏像

エスニックなロゴの窓
エスニックなロゴ

今日のカリーは9種類
今日のカリー
“カレー”じゃなくて“カリー”です。

営業時間
営業時間

いつも混雑しているので、早めに行ってみました。
2人掛けテーブル×3、4人掛けテーブル×3
店内の様子

大人数で座れるテーブルはひとつ
大きなテーブル


店内は一見喫茶店?な感じですが、タイやインドっぽい雰囲気のディスプレイが所々に見られます。
インドっぽい絵

置物もカリー屋さんという感じが出てます。
インドっぽい置物

新聞は3紙
新聞

トイレはお店の一番奥に。
トイレ


メニューの値段表
カリーバイキング 1260円
カリーバイキング、トムヤムスープセット 1500円
カリーバイキング、ドリンクバーセット 1360円
トムヤムスープ 350円
ドリンクバー 315円
デザートメニュー 315円


デザートにアイスもあります。(210円)
平日ランチタイムはコーヒー・紅茶が無料です。
デザートやコーヒー

テーブルにはそれぞれBOXティッシュ完備。
ティッシュ

店員さんがカトラリーとおしぼり、水を持ってきてくれたら
あとは好きなだけ食べるのみ!!
カトラリーとおしぼり、水
初めて何も知らないで来ると、ちょっと戸惑っちゃうかも・・・です。


ごはん
ごはん
かための炊き加減でカリーによくあいます。

カリーの辛さは★で表示されています。
★が多いほど辛いです。
ずらりと並ぶカリー
★★でも、十分辛くてスパイシーです。


ドライカリー★★(タイ風)
カントリーカリー★★★★(タイ風)
グリーンカリー★★(タイ風)
ドライカリー、カントリーカリー、グリーンカリー

レッドカリー★★★(タイ風)
ビーフカリー★★(スリランカ風)
チキンカリー(骨なし)★★★★(インド風)
レッドカリー、ビーフカリー、チキンカリー(骨なし)

パンプキンカリー★★(タイ風)
ミャンマーカリー★★(ミャンマー風)
ハッシュドビーフ
パンプキンカリー、ミャンマーカリー、ハッシュドビーフ


メーヤウといったら、チキンカリー。
この辛さはすんごいです。汗が噴き出しますっっっ。
チキンカリー(骨なし)
前は骨付きチキンが入っていたような気がしますが、骨がない方が食べやすいですね。
メーヤウのカリーは卵が丸ごと入っているのがうれしいところです。
もちろん食べ放題なので早い者勝ち。

メーヤウのカレーは全体的に辛め。
なので、子供が食べられそうなのはハッシュドビーフくらいです。
子供用のお皿にハッシュドビーフ

グリーンカリー
グリーンカリー
ブロッコリーなど大き目の野菜がゴロゴロ入っているのでとってもヘルシー。
個人的には前菜感覚?で一番最初に食べるのがおすすめです。

パンプキンカリー
パンプキンカリー
カボチャがゴロゴロ入ってます。
スパイシーなルウと甘いカボチャがちょうどいい感じ。

ドライカリー
ドライカリー
★★ですが、そんなに辛くないです。
他のカリーと合わせて食べるとおいしいです。

ミャンマーカリー
ミャンマーカリー
卵やジャガイモなど具がゴロゴロ。
ちょっと酸味があっておいしいです。家庭では出せない味です。

そろそろおなかが限界に・・・。
でも全部味わいたいので、最後はミックス~!!(汚い食べ方でごめんなさい。。。)
ミックス
味が混ざっちゃうのが嫌なら、ごはんで壁を作って分けてくださいね。

コーヒー、紅茶はセルフで。
コーヒー、紅茶

最後はコーヒーで燃える胃の中を落ち着かせます。。。
コーヒー


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク