南信州ビール 味わい工房|地ビールと美味しい料理|駒ヶ根市赤穂

駒ヶ根高原にある駒ヶ根ファームス2階にある南信州直営レストラン“味わい工房”。

カウンター

中央アルプスの雪解け水を豊富に含んだ良質な地下水で作られた地ビールと、地元の食材をふんだんに使った美味しい料理を楽しめるお店です。

住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-447
電話:0265-81-7722

35.743421,137.892462


敷地にある案内看板です。
何よりも観光案内所の文字が目に入ります。
敷地看板


駒ヶ根ファームスの外観建物
建物外観


入口は沢山ありますが、正面入口から入ると近いです。
入口


正面入口から入るとすぐに2階へ行く階段があります。
店舗入口


味わい工房はこの2階です。
店舗は2階


店舗看板
店舗看板


店内に入ります
店内に入ります


店内に入る前にはカウンターがあるロビーが
店内に入る前にはカウンターがあるロビーが
ここでも地ビールを楽しめるのでしょうか。昼間は使われていないようです。


おすすめメニューがありました。
おすすめメニュー
桜肉のハン馬ーグだそうです。このあたりは馬肉が有名なので一度試してみる価値アリ。


地ビールを製造している所が見れるようになっていました
地ビールを製造している所


店内入口
店内入口


混んでいるとき待ち合い席
店内入口付近


各国のビールのラベルでしょうか。
南信州ビールのラベルもちゃんと入ってました。
ビールのラベル


入口付近には業務用冷蔵庫
入口付近には業務用冷蔵庫
地ビールやウィンナー、チーズなどがズラリです。


地ビールの瓶ビール。
地ビールの瓶ビール


店内は落ち着いた雰囲気
店内雰囲気


店内はすべてテーブル席
店内はすべてテーブル席


小上がりこそありませんが、子供イスはちゃんとあるので
子供連れのファミリーもOKです。
子供イス


暖炉の前には薪ストーブ
薪ストーブ
昔は暖炉を使っていたのでしょうか。今は薪ストーブが使われているようです。


カウンター
カウンター


子供用の水はストロー付き
子供用の水



箸


地ビールのメニュー
地ビールのメニュー
6種類のうちひとつはアルコール0%のノンアルコールビール。
車で来られた方でも楽しめます。


メニュー1
メニュー1
デザートと根羽和牛ビール煮


メニュー2
メニュー2
前菜とメイン


メニュー3
メニュー3
メインとパスタ


メニュー4
メニュー4
ピザとサラダとデザート


メニュー5
メニュー5
ソフトドリンク


4月23日は地ビールの日
4月23日は地ビールの日
    4月23日は
    地ビールの日
    “ビールとは一体何か”を世界で最初に定めたのが1516年4月23日。ドイツ・バイエルンのヴィルヘルム4世が「ビールは大麦
    ・ホップ・水のみを使用すべし」という「ビール純粋令」を発令した日にちなんで制定。

    地ビールとは?94年酒税法改定により規定の製造量が緩和され。1メーカー毎、年間生産量60KLを超えればビール製造免許が取得できるようになりました。これにより全国各地に少量生産のビールメーカーが続々誕生しました。大手同様のビールから地元の特産品を原材料に使ったスペシャリティビールまで、個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを総称して「地ビール」と呼ぶようになりました。


エール系ビールの中にみる南信州ビールの味
c
地ビールを注文するときの参考にどうぞ


アップルホップをたのんでみました。
アップルホップ
ほんのりリンゴの香りがしてとってもフルーティ。女性にも飲みやすい感じです。


こちらは“よわないエール”ノンアルコールビールです。
ノンアルコール
市販されているノンアルコールビールとは全然違います。
やっぱり地ビールのノンアルコールという感じの独特の香り。


馬肉のカルパッチョ
馬肉のカルパッチョ
淡白な味でさっぱりしていてとっても美味しい♪


馬肉は低カロリー、低脂肪、低コレストロール、高たんぱくでカルシウム、鉄分も豊富なgood!なお肉なんです。
淡白な感じでヘルシー


ソーセージの盛り合わせ
ソーセージの盛り合わせ
1本1本違う種類のソーセージが楽しめます。


ぷりっぷりです。
マスタードをつけて


ハンバーグステーキのライスセット 
ハンバーグのセット


ハンバーグは本格的でお肉がジューシー
お肉がジューシー


この黒~いビールはデュンケルヴァイツェン
黒~いビール


モルト(麦芽)各種
モルト各種


オリジナルグラス
オリジナルグラス


グラスは販売しています
グラスは販売しています


テラス席もあります
テラス席もあります


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク