百々屋|女鳥羽川沿いにある縫物・手作り帽子・糸紡ぎのお店|松本市大手

松本市にある百々屋は、手作りジャムのお店「シェ・モモ」の二階にあります。
糸巻き
絹、麻、綿、竹など珍しい糸を取り扱っているだけでなく、朝日村で栽培した和綿から糸を紡いだり、羊の毛を紡ぐワークショップも行っています。
お直し、リフォームだけでなく、帽子やシャツ、ワンピースなどもオーダーできます。

住所:長野県松本市大手4-4-16
電話:0263-32-2968
営業時間:10:00~17:00
定休:水・第3木曜

長野県松本市大手4丁目4−16

蔵シック館前の中町SNパーク蔵の町
中町通り、蔵シック館前にある、一番安いコインパーキングへ駐車がおススメです。
この駐車場から1分ほどです。


2階案内
入口は、ジャム職人の息子さんのお店「シェモモ」と同じです。
が、白い木の扉には「百々屋・御用の方はチャイムを」とあります。


階段
店内を通り抜けて突きあたりの階段から2階に上がります。


入口案内
階段に案内がかいてあります。


階段貝殻
風情ある階段のところどころで、貝がオブジェに。


入口
二階、布の向うがお店兼アトリエです。


手仕事1
店主は作業中でした。


針仕事
帽子に飾りがつくところです。


ミシン
作業台の足踏みミシン。


まち針
針台も大きくて使いやすそうです。


綿
朝日村で栽培している和綿。
ここから糸が紡がれます。


糸紡ぎ
少し実演してくださいました。


スピン
スピンドルが駒のようです。


足元温め
作業机の足元には足元ヒーターが・・。
ずっと座り仕事では足元が冷えるのでこれは良さそうですね。


糸巻き
綿がスピンドルで糸になゆくのがわかります。


糸
こちらはここで取り扱っている各種糸です。


シャツ
店主オーダーメイドのシャツ


シャツアップ
タックもかなり凝っていて、着心地ともに絶品です。
ハレの日用に、店主と相談しながら自分だけのシャツをつくってもらうのも、一生の記念になるかもしれません。


椅子
木工職人のご主人が制作した椅子です。


帽子
一番手前が先程飾りをつけていた帽子です。


帽子
世界に一つの個性的な帽子でオシャレの幅も広がりそうです。


窓辺
店内から見える女鳥羽川の流れ。
冬の雪景色はことに美しいそうです。


階段
階段途中に竹で編まれた靴がありました。
下を向いているのは・・


人形
唄の中に出てきそうなお人形さんでした。


糸の会
百々屋さんでは「糸の会」を主催しワークショップを行っています。
「春は羊の毛刈り、夏と秋は綿畑、冬は糸紡ぎ」とあります。


料金
縫い物などの基本料金表です。

普段当たり前のように着ている衣類ですが、綿から糸が紡がれ、それが織られて、一枚の布になり、そこからデザインされて形になっていく工程を考えると、気の遠くンあるような手仕事の連続です。
その凄さと素晴らしさも体験できる素敵なお店です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク