西丸震哉記念館【2】|ギャラリー展示品とカフェ|大町市平

西山震哉氏は「食生態学」を確立し、大学講師を務めるほか、環境問題や現代人の生き方をテーマにした執筆・講演活動、作曲、SF小説、油彩など行っています。
その活躍の軌跡を伝えるコレクションや、関連資料が展示されているだけでなく、西丸氏とコラボする美術作品が展示されています。
2階全景
パプアニューギニアの部族に関するコレクションや、珍しい蝶の標本、探検登山時代の写真やスケッチ、絵画なども展示されています。
館内で本場インドカレーやバッハ・ブレンドコーヒーなどを味わうこともできます。


長野県大町市平10901

住所:長野県大町市平10901(JR大糸線・稲尾駅より徒歩5分)
電話:0261-22-1436
入館料無料
開館時間 :10時~16時30分
休館日:火曜日~木曜日(12月~3月は冬期休館) ※休館中も事前予約で見学可



玄関ドア
階段を上がると入口です。


入口上の飾り
閉めて見上げると、こんな飾りが。


玄関
靴を脱いでスリッパに履き替えます。


靴箱
手作りの靴箱。


大テーブル
手作りのテーブル。
椅子の背あても、手作りでこれがなかなか心地がいいんです。

テーブル席と窓の向こう
窓が大きくて外の景色が心地いいです。


店内
館内です。左手にはカウンター席もあります。


IMGP2128
右手に先程の長いテーブル席です。
奥に地下へ続く階段があります。


階段前のコーナー
そして左手に階段があり二階の展示室へ続いています。


寄付箱
上り口には寄金箱があります。


階段
階段の上り口から上を見るとこんな感じ。
透明ケースの極楽鳥は下から見るとまるで飛んでいるよう。


案内
上りきったところに展示品の説明がラミネートされて置いてあります。
これを見ながら廻って帰りにまたここへ戻します。


2階全景1
二階館内全景です。


マサイ族人形
マサイ族の人形。


木彫りの矢
木彫りの矢


極楽鳥の羽1
極楽鳥の羽。
ゴージャスで美しいです。


羽2
どんなところを飛び回っていたんでしょうねえ・・
奥は貝で編まれた飾り。


柄付き骨製手槍
柄付き骨製手槍
あえて撮影してませんが、食人族の人骨もあります。
ギョッとしますが民族の生活観に触れると理解できる気もします。


窓から木崎湖
窓から木崎湖が見えます。


IMGP2143
窓の下にも所狭しと展示品がかざってあります。


蝶標本1
蝶の標本の数々です。


蝶標本2
世界各地から集められました。


蝶標本3
日本とマレーシアの蝶。


蝶標本4
ペルーの蝶もいます。


布
インカの白い染料の布です。


コーナー
角っこにも珊瑚など飾ってあります。


天井に見えたもの
二階に上がるとき見えた極楽鳥は上から見るとこんな風です。


自筆画
階段にも西丸氏直筆のイラストがたくさん飾ってあります。


肖像画
1階に西丸震哉氏の肖像画があります。
母方の祖父の弟が島崎藤村。兄に西丸四方と島崎敏樹(共に精神科医)がいます。
肖像画でなく、時々西丸氏ご本人がおられることもあります。


CD
西丸氏の作曲集も販売してます。


楽譜
直筆の楽譜。


ヨガ
これは直筆・ヨガのポーズ。


図鑑
宝貝の腕輪の下にはずっしりとした図鑑。


本棚
こちらは西丸文庫。


著作本
絶版になりネットで高値で売買されている西丸氏の著作がたくさんあります。(ここで読むことができます)


地下ドア
ここから地下へ降りる扉です。


地下入口
階段室になっていて、本人の描いた油絵、彼が訪ねた日本百山の写真、地図があります。


スキー板と展示品
地下はこんな感じです。


展示品
探検時、実際に使われていたのでしょう。


地下外観
地下にも出土品の展示品がありますが、奥のドアは・・


お手洗い
「お手洗い」


一階に戻りましょう。
資料2
白馬自然科学研究所の研究資料も展示してあります。
大町の噴泉です。


メニュー
そしてレイクサイドカフェのメニューです。


カレーセット
カレーセット。香辛料がきいています。
辛めで美味しいです。


コーヒーとケーキ
セットには東京で有名な喫茶店「バッハ」の豆を使った珈琲。
そして手作りチーズケーキです。

自然豊かな木崎湖畔、博物と美術の混在する不思議な空間で、縄文の感覚に触れるのはきっと心に残る体験になることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク