nav-left cat-right
cat-right
Topics

あづみの公園事業用地|「おひさま」安曇野の農村ロケ地|安曇野市堀金烏川

リアカーをひいて安曇野に引っ越してくるシーン、道祖神祭りのシーン・・・などなど、ドラマの中でもよく出てくる安曇野の農村セット。
大庄屋山口家の近くの国営アルプスあづみの公園事業用地で撮影されたということで、見に行ってみました。
まだ茅葺き農家や水車小屋、道祖神がそのまま残されたセットは、昭和初期の農村そのものです。

【ご注意!!】
車を田んぼの土手に乗りいれたり、路駐をしたり、マナーの悪い観光客が急増しており、地元の方々が大変迷惑してます。
駐車場は国営アルプスあづみの公園を利用するようにしてください。
また、残念なことにゴミが落ちていることもあったそうです。植物などを採取したりすることも禁止です。まだロケを行う予定もあるそうなので、立入禁止と書かれた場所の中に入ることもやめてください。モラルを守って見学しましょう。

斜め下から見た茅葺き農家セット

春には菜の花や桜が咲いてさらに景色がきれいな場所です。
「堀金岩原地区の桜と菜の花」


場所はだいたいこの辺り。

36.308598,137.840792







大庄屋山口家からスタート。
山口家の前


ちなみに山口家の場所はこちらです。
36.308598,137.840792



山口家庭園の説明
山口家庭園の説明
他のドラマにもロケに使われたりするところです。


今回は寄りませんが、お庭だけ覗いてみました。
庭園の様子
新緑や紅葉の季節にでも行ってみますかね。


山口家の通りを東側へ向かいます。
山口家前の道


大きな松の木が見えてきました。
旧安楽寺の宝きょう印塔


安曇野市有形文化財「旧安楽寺の宝きょう印塔」というものだそうです。
旧安楽寺の宝きょう印塔説明書き


お地蔵さんもいます。
お地蔵さん


「岩原遺跡」「安楽寺大門跡」とありますが・・・
どれが?
岩原遺跡


屋根付きの道祖神
屋根付き道祖神
まだ新しく建てられたものっぽいですね。
それにしても安曇野にはいたるところに道祖神があります。


「中部北陸自然歩道」の途中通過点です。
中部北陸自然歩道


この遺跡の横にある道へ右折。
農村セットへと続く道


遠くをみると・・・
遠くに古い茅葺き屋根の家
ありました!!
いかにも古い茅葺き屋根のおうち。


この一帯はあづみの公園の事業用地です。
看板


住民の方の迷惑になるので、路駐はいけません。
舗装された道路


東京から安曇野へ、リアカーをひいて引っ越ししているシーンの撮影に使われた道。
リアカーをひいた道
道の脇には畑が作られています。


農家セットの脇に生える葉っぱのない木
葉っぱのない木
他の木は青々しているのに、この木だけドラマの中でも葉っぱはなかったような・・・。


安曇野の農村セット
農村セット
ドラマにもでてくる構図で撮ってみました。
この道祖神も水色の時と同じように、ここにずっと置かれて観光地っぽくなるのでしょうか。


向かって左の道祖神
双体道祖神神酒器像です。
左の道祖神


色落ちしてますが、幼少期の陽子が色を塗っていましたね。
左の道祖神アップ


右側の道祖神
双体道祖神握手像です。
右の道祖神


茂兄ちゃんが塗ったら、はみ出しちゃってましたね。
右の道祖神アップ


さっそくお賽銭も置かれていました。
お賽銭


農機具を置く物置?のセット
物置セット


水車小屋
水車小屋の側面


廃材で作ったのでしょうか。
古い感じがにじみ出ています。
年季の入った建具


上から見ると屋根には大きな穴が!!
穴空き屋根の水車小屋
雨が降ったら、雨漏り・・・というより、雨降りですね。


この角度から見る水車小屋が一番ですね。
水車小屋


この辺りは水路がはりめぐらされています。
もちろん、水はすごくきれい!!
水路


水路から木製のパイプへ水を送って・・・
水路から水を汲み上げ


水車へ水を流すという仕掛けになっています。
水車へ水を流す



茅葺き屋根の農家
茅葺き屋根の農家
むか~し、むかし、あるところに・・・
完全に日本昔話の家です。


農家セットの裏側
農家セットの裏側


ロープの中は立入禁止です。(以下の写真はズームで撮影しています)
立入禁止


ワラが山のように積んでありました。
何に使ったんでしょう?屋根の材料?
わら


NHKのロゴ入り大道具
NHKのロゴ


よく見ると屋根にコケが生えています。
茅葺き屋根にコケ
築1年とは思えない、貫禄っぷりです。


斜め横から見たところ。
斜め横から見たセット


ひさし
ひさし
ひさしの上は2本の木で固定するんですね~。


縁側
縁側
木材のすり減り具合が絶妙です。


傾斜地になっているので、ここから見る景色はなかなか。
ドラマ中にも一瞬映りますよね。
松本平方面の眺め


ちょっとアングルをずらすと、ビニルハウスや民家など現代の風景に。
安曇野方面の眺め


ぐるっと一周撮影してみました。



この辺りはロケに使えそうな自然の風景がたくさん。
あぜ道


ちょっと離れたところにあったものですが、これもセットでしょうか?
これもセット?



まだ冬枯れた景色ですが、少しずつ春らしい色も見られるようになってきた安曇野です。
このきれいな景色を維持するためにも、ロケ地観光をされる方は、モラルを守ってくださいね。
春らしい地面



2 Responses to “あづみの公園事業用地|「おひさま」安曇野の農村ロケ地|安曇野市堀金烏川”

  1. live より:

    Very rapidly this site will bе famous among all blogging people, dսe to it’s nice posts

Leave a Reply





おひさま, ロケ地, 安曇野市, 観る