特急「しなの」(2)|南木曽~名古屋|木曽川を下ってゆく風景

渓谷では透きとおる深緑だった木曽川も、最後は広く大きな河川となり、太平洋に向かって注いでゆきます。
木曽川
急峻な木曾谷では、発電に使われていた水も、岐阜、そして愛知では穏やかに田畑を潤していました。
「しなの」の車窓からはその移りゆく風景を満喫できます。

車掌さん
運転席の横の車掌さんも・・


切符拝見
多くの乗り降りがあった後は、切符拝見に廻ってきます。
すべての列車が必ず停まるのは、長野、篠ノ井、松本、塩尻、木曽福島、中津川、多治見、千種、名古屋です。


南木曽
「上松」の次は「南木曽」。
上松、南木曽はすべての特急が停まるわけではありません。
必ず停まるのは、長野、篠ノ井、松本、塩尻、木曽福島、中津川、多治見、千種、名古屋です。


風景
少し町の雰囲気も変わってきます。


風景2
木曾の南端になります。


風景3
川幅も少しづつ広くなってきました。


材木所
木材所、発電所も多くみられます。
木曽川に架かる桃介橋 は有名です。


南木曽駅
南木曽駅は、木曽郡南木曽町の読書(よみかき)にあリます。
この地名、最初は読めませんでしたが、素敵な名前ですね。


車内1
ところで、先頭車両では小さいですが、テーブルが使えます。


テーブル
固定して、このようにいろいろ置けて便利です。


風景4
長野県を過ぎ、岐阜県に入りました。


風景5
山も穏やかになり、川幅もさらに広がってきました。


中津川


中津川駅
中津川駅です。


恵那山
恵那山がよく見えます。


販売
車内販売もあります。


整理
自由席は最後の方ですが、何度か廻ってきてくれます。
ここでいったん整理して往復してました。


恵那
この列車では停まる恵那駅も、すべての特急が停まるわけではありません。


風景6
恵那山と木曽川。


風景7
田園が続きます。


風景8
水田も空も広がってきました。


多治見


多治見駅
「多治見」駅です。


風景9
すっかり住宅が増えてきました。


風景10
木よりもコンクリートの建物がどんどん多くなってきます。


風景11
先程までずっと見えていた木曾川はもう見えません。


風景12
山も見えません。


風景13
代わりに・・


風景14
大きな建物がふえていきます。


風景15
ほっとする一瞬の風景。


洗面スペース
自由車と指定車の間に洗面スペースなどがあります。


洗面
こちらは洗面専用のスペース。
この大きな鏡、朝早いときなど大変助かります。


トイレ
男性専用トイレもありますが、こちらは共用トイレ。


トイレ
かなり広いです。
揺れるので、持ち手も付いています。


おむつ変え
おむつ変える場所もあります。


便座クリーナー
トイレットペーパーの上には便座クリーナーもあります。


ドア
乗降ドア手前にゴミ捨てのスペース。


風景16
名古屋が近づいてきました。


風景17
車内も通勤客でビッシリです。


風景18
ケースに入れていた「犬」(電車では手回り品扱いになります)も、
息苦しそうになってきたので、ちょっと窓の外をのぞかせてあげました。


風景19
空も狭くなってきました。


風景20
高層ビルの群。


風景21
「名古屋」駅に入りました。


名古屋駅
たくさんの人が下車してゆきます。


木曽川
これは名古屋から新幹線に乗り換え、西へ向かう途中に見えた木曽川。
海のようにこんなに広く、とうとうと流れていました。

「しなの」の車窓からは、木曽川を眺めながら四季折々の車窓を風景を楽しめます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 川の底まで電車からも見える美しさ・・・。 その(2)ではさらに木曽川を下って名古屋までご案内いたします。 Leave a Reply返信をキャンセルName Mail (will not be published) […]