はしば食堂|富倉そばと笹ずしの里|飯山市富倉

「そばマニアによる、そばマニアのためのそば屋レポート」【第8回】「はしば食堂 富倉そばと笹ずしの里」飯山市富倉。

「幻の富倉蕎麦」
オオヤマボクチ(雄山火口)と言うヤマゴボウの一種の繊維をつなぎに打つ10割そば、この地域は小麦粉が採れないためオオヤマボクチを使っているそうです。ちなみにキク科で10月に開花します。

火縄銃の火種に使われていたこともあるオオヤマボクチの繊維。上杉謙信が川中島へ向かう際に富倉で調達していたらしいです。そんな繊維を蕎麦のつなぎに使うと言うことが幻と言うわけです。

10割なのに独特ののど越しと、味・香りがあります。何と言ってもおそばの輝には驚きました。今日から「新そば」とのこと、ラッキーでした。

住所:長野県飯山市富倉滝ノ脇3206
電話:0269-67-2340
営業時間 : お客さんがいれば営業
休業日 : 年中無休
料金 : そば800円、大ざるそば1200円、笹ずし1人前(5枚)600円
駐車場 : 8台 入りきれない場合は路駐か!

長野県飯山市富倉滝の脇

飯山街道(国道292号線)を新潟県に向かうとこの案内があります
「はしば食堂」の案内看板横長タイプ

飯山街道を左折し500mくらい上がるともう少しです
「はしば食堂」の案内看板縦長タイプ

駐車場にあります「営業中」の看板
はしば食堂案内看板、営業中と表記有り

食堂と言うよりは普通の民家
「はしば食堂」全景、完璧に民家

玄関横の看板以外はごく普通の民家の玄関です
玄関も普通に民家の玄関です

「いらっしゃいませ」と書かれていますが、あとは普通の民家の玄関
いらっしゃいませの紙看板、すだれに貼ってある

玄関から座敷に向かう廊下
廊下

席に着くとお茶のつまみが出てきましたが、山菜やお漬物5種類ですが200円とのこと。
山菜やお漬物5種類、お茶も一緒
注文なしでも出てきますが、美味しいですよ

並ざるそば800円、大ざるそば1200円、笹ずし1人前(5枚)600円
価格表
「テーブルごとにおかず付き200円頂戴します」がここにありました

壁にありますメニュー
価格表

緒形 拳 を始め有名人のサインが壁中に書かれていました
壁にはさまざまなサインが書いてある

こちらの壁にもサインがあります
こちらもサインが書いてある壁

お土産やだるまが飾ってありました
店内は各地のお土産やだるまが飾ってある

上杉 謙信 が出陣の時、携帯食として愛用した郷土料理
青い笹にご飯がのっている、笹ずし
新潟(上越)が近いので上杉ネタがちらほら出てきますね。

おそば
一口に分けられたそばがざるに並んでます

注文したおそばがまとまって出てきます
次々とざるにのったそばが出てきます

そば湯の湯桶
そば湯の湯桶
年代物で以前長野県知事だった西沢権一郎(1906年12月5日~1980年12月31日)さんからいただいたとのこと、歴史を感じてそば湯を一杯

この地区の民謡?
この地区の民謡が書かれた額が飾ってあります

なぜかここのお嫁さん作の石鹸が売られています
手作りのオリーブオイル石鹸が陳列

手作りだそうです
オリーブオイル石鹸の説明書き

車止めがありませんので注意ください
車止めがありません

お店を切り盛りしている元気いっぱいのおばちゃん
元気なおばちゃん
エネルギーをいただきありがとうございました。おそばも美味しかったです

最後まで元気
最後まで元気
駐車場から帰るまでお見送りをしていただきました。また来たいおそば屋さんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 神奈川@蕎麦好き より:

    来年の春、行ってみようと思います!食べてみたいですねその幻の蕎麦を。おばちゃんもフレンドリーな感じなんですね。他の店も寄れるように計画をするぞ!

  2. […] http://www.i-turn.jp/soba-hashiba-syokudou-iiyama-tomikura.html 田舎の家の居間みたいところで食う蕎麦は格別 […]

  3. […] 小さな食堂ですが、幻の富倉そばを食べさせる店として、全国的に有名で、数年くらい1日も客が途絶えたことがないそうです。だからおばあちゃん、その数年は1日も休んでいないので […]