苔泉亭「萩月庵 千ひろ」|日本庭園や蔵など雰囲気も良い店|下諏訪町

江戸時代に宿場町として栄えた下諏訪、御柱祭で有名な諏訪大社下社秋宮の参道にあります「苔泉亭」は、古民家再生で2007年に旧塚越邸から生まれ変わりました。

苔泉亭「萩月庵」千ひろのもり蕎麦

「苔泉亭」には茶室や日本庭園・ギャラリスペースがあり、奥には土蔵で味わう本格手打ちそば「萩月庵 千ひろ」があります。

住所:長野県諏訪郡下諏訪町5531-1
電話:0266-27-8861
営業時間:昼11:00~14:00、夜18:00~23:00
定休日 毎週水曜日

長野県諏訪郡下諏訪町東山田第1

道路下諏訪の四つ角
下諏訪の四つ角から諏訪大社下社秋宮に向う参道


お店参道
参道をしばらく行くと右側に「苔泉亭」があります


苔泉亭「萩月庵」千ひろのお昼のメニュー
お店の入り口にはお昼のメニューがありましたが、夜はまた違ったメニューで楽しむことができます。



苔泉亭「萩月庵」千ひろの入り口
手入れの行き届いた玄関


苔泉亭「萩月庵」千ひろの水鉢
入り口にありますお店の雰囲気にぴったりの水鉢


苔泉亭「萩月庵」千ひろの案内
ギャラリーや庭園への入場料は無料です


苔泉亭「萩月庵」千ひろの入り口の看板
味わいのある看板と暖簾


苔泉亭「萩月庵」千ひろの看板お店の横の看板
お店の横の看板、目立ちます


苔泉亭「萩月庵」千ひろの生花
玄関を入ると見事な生花


苔泉亭「萩月庵」千ひろの日本間
お店に入ると左側にすばらしい日本間がお出迎えです


苔泉亭「萩月庵」千ひろの掛け軸
入り口右側の床の間にあります掛け軸


苔泉亭「萩月庵」千ひろの案内
そば処「萩月庵」への案内


苔泉亭「萩月庵」千ひろの日本庭園そば処萩月庵
そば処「萩月庵」には、このすばらしい日本庭園の中を通っても行けます


苔泉亭「萩月庵」千ひろの日本庭園苔泉亭
「苔泉亭」らしく見事な「苔」が見られます


苔泉亭「萩月庵」千ひろの日本庭園小さな小川
庭園の中には小さな小川が流れています


苔泉亭「萩月庵」千ひろの日本庭園そば処萩月庵
そば処「萩月庵」側から見るすばらしい景観


苔泉亭「萩月庵」千ひろの茶室日本庭園の横
日本庭園の横にあります茶室


苔泉亭「萩月庵」千ひろのギャラリー下諏訪
地元の作品が展示されています


苔泉亭「萩月庵」千ひろの看板ギャラリー下諏訪
ギャラリー下諏訪の看板


苔泉亭「萩月庵」千ひろの作者略歴根津先生の略歴
産科・婦人科で全国的に有名な根津先生の略歴


苔泉亭「萩月庵」千ひろの作品廊下ギャラリー
そば処「萩月庵」への廊下がギャラリー下諏訪です


苔泉亭「萩月庵」千ひろの作品小物の作品
小物の作品が収納されています


苔泉亭「萩月庵」千ひろの作品そば処
そば処「萩月庵」入り口まで展示されています


苔泉亭「萩月庵」千ひろの入り口
そば処「萩月庵」の入り口


苔泉亭「萩月庵」千ひろの掲載本
お店の記事が掲載されています


苔泉亭「萩月庵」千ひろの御柱祭
7年に1度の御柱祭。「何がなんでも御柱祭」という諏訪人の心意気が感じられます


苔泉亭「萩月庵」千ひろの蔵
蔵の中のテーブル席


苔泉亭「萩月庵」千ひろの蔵の中
こちらの蔵の中と外がそば処「萩月庵」


苔泉亭「萩月庵」千ひろの薪ストーブ
蔵の横には薪ストーブがありました


苔泉亭「萩月庵」千ひろのお昼の食事メニュー
もり蕎麦は先付3品、甘味で1200円、もり蕎麦単品は900円、大盛りはなく追加1枚が500円、天婦羅もり蕎麦は先付3品、甘味で1700円


苔泉亭「萩月庵」千ひろの皿 根津先生の作品
このデザインも根津先生の作品


苔泉亭「萩月庵」千ひろの暖簾
蔵の中にあります暖簾、この奥が2階に上がる階段になっています


苔泉亭「萩月庵」千ひろの先付
本日の先付は、もずく・ささげ・大根の漬物の3品

苔泉亭「萩月庵」千ひろの薬味
自分でおろす山葵とネギ



苔泉亭「萩月庵」千ひろの山葵
「山葵のおいしいおろし方」:ワサビは、円を描く様におろすとより風味豊かな香りがたち、美味しくお召し上がり頂けます。香りと美味しさの目安は、約三分です。



苔泉亭「萩月庵」千ひろのかけ蕎麦
かけ蕎麦・先付3品・甘味1200円


苔泉亭「萩月庵」千ひろのもり蕎麦
国内産の細めのおそばは、こしがあり歯ごたえとのど越しの良いおそばでした。
そばつゆは少し薄めのさっぱりとした味



苔泉亭「萩月庵」千ひろのそば湯
そば湯もおいしくいただけました


苔泉亭「萩月庵」千ひろのアイスクリーム
最後にワサビのアイスクリームは、甘さとワサビの辛さが絶妙


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント