nav-left cat-right
cat-right
Topics

カフェ・ギャラリー スプーンアート|斬新な演出で遊び心満載のカフェ|安曇野市穂高

前からずっと気になっていたカフェ、スプーンアートへ行ってみました。
造形作家の松原弘己さんのカフェ&ギャラリーです。
店内にはスプーンアートを中心にユニークなアート作品がところせましと飾られています。
メニュー表が傘、食事を運ぶおぼんが30種類、トイレがお化け屋敷・・・ツッコミどころ満載のおもしろカフェです。
このおもしろさは行った人しかわからないでしょう。穂高を訪れた際はぜひ寄って行ってみてください。

36.339954,137.882924

スプーンアート造形作家松原弘己公式HP
スプーンアートBlog
住所 安曇野市穂高5968-3
TEL 0263-31-3736
FAX 0263-73-0771
営業時間 10:00~18:00
店休日  不定休

~プロフィール~
造形作家 松原 弘己(スプーンマン)
長野県安曇野市生まれ
松本調理専門学校 卒業後都内のフレンチの店で修行
1991年 安曇野に戻りラーメン店を開業
父の死に直面し、墓前に供えるため、竹細工でぐい飲みを造ったそれをきっかけにリサクル品造形を始める。
2001年 市内の「市民タイムス」「タウン情報」「信濃毎日新聞」に作品が「廃物アート」として掲載される。同時に自遊展開催、盛況に終わる
2004年 我流造形として作品が認められ、ラーメン店を閉め、造形作家として作品つくりに専念する

経歴
2004 第7回 大分アジア彫刻展 入選
2004 12回 ひろしまナイト美術大賞 入賞
2006 富士火災アートスペース2006 受賞
2006 カナダモントリオール国際芸術賞2006 入賞
2006 14回 ひろしまナイト美術大賞 入賞
2006 オーストラリア メルボルン国際芸術賞2006 入賞
2007 静岡 18回富嶽ビエンナーレ展 入選
2007 15回 ひろしまナイト美術大賞 入賞    
~HPより~


穂高駅前の交差点にあります。
外観から普通のお店じゃないオーラが漂っています。
正面からの店舗外観 

駐車場は3台分くらい。
おもしろカフェ

入口にはスプーンの形をしたメニュー表と
「宮内庁御用無し」
宮内庁御用無し

そしてウルトラマンがサンタの格好をしてお出迎え。
ラーメンを食べるウルトラマン(サンタver)
宮内庁御用無しやウルトラマンは、諏訪の宮坂商店塩天丼と似ています。
・・・が、スプーンアートの遊び心はこんなレベルじゃおさまりません。

見学のみはできないそうです。
見学だけはダメ

数え切れないほどのスプーンアートと、ギャグ満載の作品に、まず圧倒されます。
いろいろなものがぶら下がる天井

おつカレ~
おつカレー
照明のかさがバケツや鍋だったり、おもしろアートがぶら下がっています。

窓側にカウンター席
カウンター席
暇つぶしに遊べそうなおもちゃや木製タウンページなど、こちらにもおもしろい仕掛けがいっぱいです。

アートはもちろん、店内のテーブルやイスも廃材を利用しているとか。
西側の席

私達が座ったテーブルは卓球台でした。
テーブルが卓球台
大根のペンや、ミニサイズの絵本、卓球ができるようにラケットも用意してあります。
料理がくるまでの待ち時間も退屈知らず。

星の数ほどありそうなボケボケ仕掛けにキョロキョロしていると・・・
不思議なお盆と傘を持った松原さんが近づいてきました。
自転車のハンドルが付いたお盆と傘

トレーの真ん中に自転車のハンドル、周りにスプーンがたくさんついてます。
お水を運ぶお盆でした~!!
自転車のハンドルがついたお盆

お盆にビックリしているのもつかの間。
傘をひろげて「はい、どーぞ」って、わたされたのがメニュー表です。
傘にメニューがかいてある
傘をクルクルしながらメニューを選ぶなんて斬新!!

「注文が決まったらこれを押してね」
店員呼び出しボタンがチキン
オーダーをたのむボタンがニワトリ?チキン?

注文が決まったので・・・おなかを押して店員さんを呼びます。

もう笑うしかないです。


料理がくるまで、店内散策してみました。

スプーンアートが並ぶ棚。
棚に並べられたスプーンアート

来年の干支「卯」です。
うさぎのスプーンアート

経歴表
数々の賞を受賞されています。すごい方なんだと改めて思います。
経歴

スプーンアートは買うこともできます。
スプーンアートの販売

ポストカードやキーホルダーなどのグッズもありました。
ポストカードやキーホルダーなど

スプーンアートグッズにまぎれて、食べるラー油も販売。
食べるラー油
上のはノーコメントで。。。


!!
水のおかわり
水のおかわりをするやつのようです。


こちらのカフェの名物は、お化け屋敷。
お化け屋敷の入口

トイレがお化け屋敷になっています。
勇気を出してLet’s go~!!
心臓の弱い方は最寄のトイレを使って

トイレは二つあります。
まずは「地獄の洋式」
地獄のトイレ
音響、照明、ディスプレイ・・・びっくりする仕掛けだらけ。

私はこれにゾ~っとしてしまいました。斎藤さんっていうみたいです。
斎藤さん
怖くてトイレとして使うには、どうなんでしょう?

お隣の「天国の和式」
天国のトイレ
紙様やカニ様、氷川君・・・視線が気になって落ち着きませ~ん。

実際に入ってみないとこの怖さは伝わらないと思いますが、雰囲気だけでもどうぞ。

音や作品がリアルで、夢に出てきそうです。


2階もギャラリーになっていて、おもしろアートを鑑賞できます。
階段

奥には猪木?ユニークなアートのオンパレードです。
2階の様子

梁の上にまでギャグ満載。
梁の上にもアートが並ぶ

「本当に食うことねぇじゃねぇか」って、
子供たちのヒーローのアンパンマンがぁ~~~(悲)
怖いアンパンマン
2階は小さい子には刺激が強すぎますね。

あっ!!コーヒーこぼしちゃった~!!
あっ、コーヒーこぼしちゃった

受験生応援コーナー?
縁起のいいギャグアートもあるんですね。
受験生応援コーナー


あまりにもツッコミどころが多すぎるので、動画にします。。。
ご自由にツッコミを入れてお楽しみくださいまし~。



席に戻るとカトラリー類が運ばれていました。
恐竜の頭がカゴで、尻尾にはスプーン。
カトラリーセット
もうこれくらいじゃ驚きませんからね~。

おしぼり? 長っ!!
大きなおしぼり
まさかこう来るとは・・・。

そういえば、灰皿はスプーンアートの立派な作品でした。
スプーンアートの灰皿
使うのがもったいないですね。


スパゲティとオムライスのお盆で運ばれてきたのは・・・
スパゲティとオムライスのおぼん

日替わりパスタ 780円
日替わりパスタ

反射してわかりづらくなってしまいましたが、ぐじゃまんかいのお盆で運ばれていたのは・・・
ラブリーなピンクのリゾットを運ぶおぼん

ラブリーなピンクのリゾット(梅・とり) 780円
ラブリーなピンクのリゾット(梅・とり)

料理もアートなんですね~。お肉がピンク!!
ピンクのお肉

お盆の写真は撮り忘れてしまいましたが
信州味噌ラーメン 780円
信州味噌ラーメン

カレーライス用のお盆は、電車がくるくる走っています。
運ぶのが大変そう。。。
カレーライスのおぼん

あまのじゃくカレー
あまのじゃくカレー
ルーとご飯の色が反対です。

ドリンクを運ぶお盆
ドリンクを運ぶおぼん
宙に浮いています。

「リンゴジュースです」って出されたのがコレ。
リンゴジュースの入れ物
えーと・・・ジュースはどこ?

急須の中に入ってました~。
リンゴジュース


アイスコーヒーをたのんだのですが、氷だけが入ったコップのみ置いて
「コーヒーは後で持っていきますから」

プラレールの走るお盆で運ばれてきたのは・・・
電車が走るおぼん

調味料セット??
醤油さしの中にコーヒー
お刺身なんてたのんだっけ??

醤油さしにコーヒーがっ!!
コーヒーを注ぐ
しばらく気づきませんでしたよ~。

「お水のおかわりはいかが?」って・・・、
お盆についた蛇口から注ぐシステムです。
お水のおかわりができるおぼん
こんなところまでこだわるなんて、いったいどこまでボケるんでしょうか。
いろんな意味でおなかいっぱいです。

レジのあるカウンターに、観光パンフレットが置いてありました。
「五十二どうぞ」     
五十二どうぞ

会計をしておつりをもらったら・・・おつり専用のトレーですって。
ケチャップで「ありがとう」
おつりをわたすトレー
最後の最後まで笑わせてもらいました。


おぼんは30種類、メニュー8種類、水のおかわり8種類
おぼん30種類
一度行っただけでは攻略は不可能ですね。
他のメニューの時はどんなトラップがあるのか・・・気になります。


スプーンマンワールド全開のおもしろカフェ、ぜひ一度行ってみて下さい。
スプーンマン

One Response to “カフェ・ギャラリー スプーンアート|斬新な演出で遊び心満載のカフェ|安曇野市穂高”

Leave a Reply





安曇野市, 観る, 買う, 食べる