nav-left cat-right
cat-right
Topics

「わさびの花蒸し」作り方・レシピ~ワサビの花・葉・茎の食べ方~

花瓶にわさびの花
春になると安曇野市内の直売所やスーパーなどでよく見かけるわさびの花。
わさびには捨てるところがなく、花も葉も全部食べれるんです。
というわけで、わさびの花を使った「わさびの花蒸し」の作り方をご紹介します。
わさびの花が手に入るのは春のみ。3月半ば~4月末頃までの安曇野の春の味です。



花はスーパーでや直売所、わさび農場へ行くと売っています。
今回は安曇野の里にある直売所「プラザ安曇野」で買ってみました。
1束180円。冷たい氷水の中に生けてあります。
わさびの花コーナー


ちょっぴりお買い得な葉茎は、1袋150円。
わさびの葉茎売り場



作るのが面倒な方は加工済みをどうぞ。
店頭に並ぶわさびの花蒸し



レシピも置いてあるので助かりますね。
このレシピを参考に作ってみます。
レシピ配布中



我が家は一気に食べてしまうので、花2束と葉茎1袋を買ってみました。
わさびの花2束と葉茎1袋



小さな白い花です。
このまま天ぷらにしてもおいしいです。
わさびの花アップ



ちなみに花1束の重さは・・・116g
花1束100gぐらい


葉茎は1袋152g
わさびの葉茎1袋150gぐらい



まずは、わさびの花、茎、葉をよく水洗いします。
わさびをよく洗う



食べやすい長さにカット。
食べやすい大きさにカット


ボールなどの容器に入れ、熱湯を多めにかけます。
熱湯をかける


お湯が回るように箸でよくかき混ぜます。(40秒ぐらい)
かきまぜる



ザルにあけてお湯を切ります。
ザルにあける


すぐに水で冷やします。
冷水で冷やす



冷えたら水を切ります。
ギュッと手で強く握って水を切ると、細胞が壊れて辛味が増します。
ツーンと辛い感覚を楽しみたい方はぎゅぅ~っとやっちゃってください。
強く握る



この状態のままでは苦くて食べれないので・・・
わさび100gに対して、塩(小さじすりきり1杯)、砂糖(小さじ山盛り2杯)をふって混ぜます。
調味料を加えて混ぜる


タッパーやビンなど密閉容器に入れ、わさびがひたる位に水か氷を入れて冷蔵庫へ。
わさびの辛みは揮発性なので、長く出しておくと辛みが飛んでしまいます。我が家では1食分ずつ小分けして容器に入れてます。
密閉容器に詰める
約7時間くらいで辛みがでできます。


完成!!
食べる時は、醤油やかつお節などをかけていただきます。
1週間くらい持ちますが、なるべくお早めにどうぞ。
(長く置くと色が茶色くなります。冷凍すると風味は多少落ちますが長持ちします。)
わさびの花蒸し

お酒のお供にピッタリ!!
手に入る方はぜひ作ってみて下さい。

One Response to “「わさびの花蒸し」作り方・レシピ~ワサビの花・葉・茎の食べ方~”

  1. […] わさび蕎麦(850円) 葉わさびのおひたしがたっぷり乗っています。 わさびの花蒸しみたいな味で、ツーンとわさびの風味がしておいしいです。 […]

Leave a Reply





安曇野市, 食べる