nav-left cat-right
cat-right
Topics

旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【1】|白坂トンネル~漆久保トンネル|安曇野市明科

篠ノ井線新線開通によって、廃線となった明科の旧国鉄篠ノ井線の廃線敷は、現在、JR篠ノ井線明科駅から白坂トンネルまでの約6kmのトレッキングコースとして利用されています。
「漆久保トンネル」は今年(平成21年)に通行可能に。当時のままのレールや支柱などが残り、明治の時代を感じながらゆっくりと散策できるコースです。
新緑や紅葉シーズンに散策するのにおすすめです。

旧第2白坂トンネル入口→(0.7km・15分)→ 潮沢信号場→(0.7km ・15分) → 漆久保トンネル(53m)
旧国鉄篠ノ井線廃線敷
廃線敷きのトレッキングコースは全長約6km。
電車の方は明科駅からスタート、車の方は第二白坂トンネルからスタートします。
もちろん、全部歩かなくても途中に乗降場所があるので、ショートコースで行くのもOKです。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 トレッキングコースの地図
旧国鉄篠ノ井線廃線敷きウォーキングマップ(PDF)

車なので、旧第2白坂トンネルからスタートしてみたいと思います。
国道19号線、「木戸」の信号から県道403号線へ。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 木戸の交差点を右折

しばらく行くと、古い2階建ての建物(峰方分校)が左側に見えてきます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 峰方分校

ロックシェードの矢越洞門を抜け100mほど進むと、駐車場があります。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 天越洞門

「木戸」の交差点からだと約4.3kmほどの場所です。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 白坂トンネル前駐車場入口

普通車で約50台分、大型バス駐車可。
もちろん、無料。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 白坂トンネル前駐車場

駐車場の脇には旧第2白坂トンネルがありますが、現在通行できません。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 白坂トンネル
その反対側からスタートしましょう。

駐車場には仮設トイレが二つ。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 白坂トンネル前駐車場のトイレ
廃線敷きの所々に、仮設トイレがありますので、トイレの心配はそれほどしなくても大丈夫です。

廃線敷きウォーキングへ、しゅっぱーーーつ!!
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 白坂からウォーキングスタート

ようこそ「旧国鉄篠ノ井線廃線敷きウォーキングへ。

本年4月に明治の遺産“漆久保トンネル”の扉が取れ、機関車が走っていた頃の姿をそのままに、レンガ積みのトンネルを通ることが出来るようになりました。三五山トンネルまでの道の両側には3万本のケヤキが植わり、春の新緑・秋の紅葉が楽しめます。
天気が好ければ北アルプスの山並みを木々の間から、見ることができるでしょう。時には振り返りながら、草花に足を止めながら、廃線敷きウォーキングを楽しんでください。さあ、出発です。


最初はカーブで始まります。マイナスイオンがたっぷりです。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 カーブになった廃線敷

足元は枕木の下に敷いてあった石がゴロゴロ。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 足元の枕石
ちょっと歩きにくいです。
普通の道を歩くより足に負担がかかるので、足腰に自信のない方はショートコースで無理をしない方が無難かも。

15分ほど歩くと、潮沢信号所にでます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 潮沢信号所

潮沢信号場所の説明
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 潮沢信号場所の説明

潮沢信号所(昭和36年新設)

列車の本数が増え、急行列車を早く通すために普通列車や貨物列車を退避させる必要が生じ新設されました。63年新線開通に伴い廃止。
昭和45年、電化により汽笛を響かせあえぎながら走った蒸気機関車は姿を消しました。


スイッチバックをした場所って感じの地形?になっています。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 潮沢信号場所の分かれ道

右へ行くと、観光バスの乗降場所があります。
まだ0.7kmしか歩いていませんが、ギブって方は途中棄権できます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 乗降場所
もちろん、ここからスタートも出来ます。車で送ってもらいましょう。

日本国有鉄道時代の注意看板を時々見かけます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 日本国有鉄道の注意書き

一、みだりに林内に立ち入らないこと。
一、立木・竹を損傷伐採し雑草・雑枝・落葉及び土石を採取しないこと。
一、煙草・たき火をしないこと。
一、牛・馬・羊などを放牧しないこと。
一、ごみを捨てないこと。


4番目の放牧って・・・、実際に放牧して注意された人でもいるんでしょうか?

石垣というか側壁というか・・・コケが生えていい雰囲気を出してます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 コケの生えた側壁

線路があったんだなぁと感じさせられる物が点在しています。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 線路のあった面影

スタートして30分ほどたちました。
潮沢信号所から0.7km歩くと、漆久保トンネルが見えてきます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 漆久保トンネルには人がいっぱい
やはりここは一番の見どころ。みなさん、じっくりトンネル観賞しています。

漆久保トンネルは全長53m。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 漆久保トンネル内
ひんやりしていて、ちょっと恐いです。

総レンガ造りのトンネル。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 漆久保トンネルのレンガ
明科で焼かれたレンガを使っています。

剥がれ落ちそう??
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 剥がれ落ちそう?

トンネル内から見る外の風景。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 漆久保トンネルを抜ける・・・

漆久保トンネルは・・・
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 漆久保トンネル

西条―明科間は山や谷が多く、山肌や岩を削り、深い谷を埋めた難工事の末、線路が敷かれました。この漆久保トンネルは明科駅から西条駅の間に開削された大小5個のトンネルのひつつで、明科で焼かれたレンガが使われており、明治時代の面影が今でも色濃く残るそうれんが造りのトンネルです。


漆久保トンネルの中を歩いてみました。
機関車になった感じでお楽しみください。


さて、漆久保トンネルの上部には2体の像があります。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 善覚様と覚明様はトンネルの上

トンネル内を通らずに、上を迂回してみると違った楽しみ方ができます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 漆久保トンネルを上から

ほとんどの人が右に行くことはないと思いますが、迷いそうなところには立札があるので遭難は回避できます。
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 善覚様と覚明様の道案内

山道を登って・・・
旧国鉄篠ノ井線廃線敷 山道を登ります
この続きは旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【2】で・・・


廃線敷きコース:
旧第2白坂トンネル入口→(0.7km・15分)→ 潮沢信号場→(0.7km ・15分) → 漆久保トンネル(53m)→(0.6km・10分)→ けやきの森自然園(0.4km・10分)→(0.9km・15分)→ 東平(北アルプス展望)→(1.0km・15分)→ 三五山トンネル(125m)※トンネル内閉鎖のため迂回 (0.4km・10分) →(0.5km・10分)→ 潮神明宮→(1.2km・30分)→ JR明科駅
【1】白坂トンネル~漆久保トンネル
【2】善覚様と覚明様~マレットゴルフ場
【3】けやきの森自然園~三五山トンネル
【4】三五山トンネル~明科駅

36.373181,137.953734

3 Responses to “旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【1】|白坂トンネル~漆久保トンネル|安曇野市明科”

  1. […] 回 (0.4km・10分) →(0.5km・10分)→ 潮神明宮→(1.2km・30分)→ JR明科駅 【1】白坂トンネル~漆久保トンネル 【2】善覚様と覚明様~マレットゴルフ場 【3】けやきの森自然園~三 […]

  2. […] 旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【1】|白坂トンネル~漆久保トンネル|安曇野市明科 […]

  3. […] 旧国鉄篠ノ井線廃線敷トレッキング【1】|白坂トンネル~漆久保トンネル|安曇野市明科 […]

Leave a Reply





安曇野市, 遊ぶ