茶臼山恐竜公園【3】|恐竜グッズなどのお土産も買える|長野市篠ノ井

長野県長野市篠ノ井にある茶臼山植物園。公園入口にある売店には恐竜グッズなどのお土産が買えるようになっています。
それほど種類が豊富というわけではありませんが、恐竜好きな子供達はとても喜ぶと思います。
ぬいぐるみ系もあります
お土産の値段も数百円のものからあるので、子供たちにねだられてもまぁいっかと買ってあげられるものもあります。
お土産の他にもジュースやアイス、パンなど軽く飲食できるものもあるので、小腹がすいた時に便利かもしれません。

住所:長野県長野市篠ノ井岡田2696
営業:冬期(12月中旬〜3月中旬)は閉鎖。
入場無料

長野県長野市篠ノ井岡田2696

9アロサウルス
アロサウルス
中生代・ジュラ紀の時代で最も強く、暴れん坊の恐竜。


アロサウルスの説明看板
アロサウルスの説明看板
ニックネームはそのまま“あばれん坊”です


見るからに強そう
アロサウルスのアップ


背中にも迫力があります
アロサウルスの背中


12ケラトサウルス
12ケラトサウルス
前のアロサウルスによく似ています


ケラトサウルスの説明看板
ケラトサウルスの説明看板
鼻の上に角のようなコブがあり、名前も“ツノのトカゲ”(ギリシャ語)という意味からきています。このコブが角だったのか、どんな役目をしたのか、よくわかっていません。


公園の敷地内にはイチョウの木が沢山あり、秋にはぎんなんを拾いに来ている人がいました。
ぎんなん拾いに来ている人がいました


ぎんなんが沢山実っています
ぎんなんがいっぱい


ぎんなんを拾いに来ている方にちょっと見せてもらいました。大収穫です。
沢山のぎんなん
でも、ぎんなんの匂いがダメな方はちょっとキツイかな~。


沢山のイチョウが敷きつめられていて、キレイな光景
沢山のイチョウが敷きつめられています


イチョウの説明看板がありました
イチョウは歴史ある木なんですね
イチョウの説明看板


ひと際おっきな恐竜がブロントサウルス
11ブロントサウルス


11ブロントサウルスの説明看板
11ブロントサウルスの説明看板
こんなに大きな体をしていても、草食恐竜だったので、巨体を維持するために植物の葉や芽を食べるのは大変だったろうといわれているそうです


ブロントサウルスの口からターザンができるようになっていました
ブロントサウルスの口からターザンができます


電動で動きます
電動で動きます


ブロントサウルスの尻尾も滑り台
ブロントサウルスの尻尾も滑り台
子供たちはこういう遊ぶものが大好きなので、かなり人気のエリアでした。


ローラー滑り台がありました
ローラー滑り台


ローラー滑り台は恐竜の骨のかたち
ローラー滑り台は恐竜の骨のかたち


5プラティオサウルス
5プラティオサウルス


プラティオサウルスの説明看板
プラティオサウルスの説明看板
三畳紀の中では最大の恐竜。この恐竜の出現で巨大恐竜の時代が始まったといえます


この恐竜も尻尾が滑り台
プラティオサウルスの背中


ちょっとした休憩スペースも点在してます
休憩スペース


次はテコドントサウルス
テコドントサウルスの説明看板


テコドントサウルスは世界で最初に知られた恐竜の1つだそうです
4テコドントサウルス


テコドントサウルスの背中
テコドントサウルスの背中


エダホサウルスの説明看板
エダホサウルスの説明看板


エダホサウルスのアップ
エダホサウルスのアップ


体長は約3メートルなので、それほど大きくありませんが、実際これが現在にいたらびっくりです
エダホサウルス


セイムリアの説明看板
セイムリアの説明看板


このセイムリアは専門的には大変重要な存在らしいです。というのは、脊椎動物が陸へ上がり、水から離れた生活をしようと努めた最初の動物だそうです。
2セイムリア


ワニっぽい
セイムリアのアップ


ディメトロドンの説明看板
ディメトロドンの説明看板


お腹に穴が空いていて入れるようになっています
ディメトロドンの全体


肉食爬虫類なので歯が迫力あります
迫力あるディメトロドン


ディメトロドンの口の中
ディメトロドンの口の中


アルケオプテリウスの説明看板
アルケオプテリウスの説明看板


アルケオプテリウスが2羽。地球上に現れた初めての鳥だそうです
アルケオプテリウスが2羽


いかにも原始的な鳥ですね
6・7アルケオプテリウス


“オルニトレステル。ちょっと頼りなさそうな恐竜…
オルニトレステル


オルニトレステルの説明看板
8オルニトレステルの説明看板


17プロトケラトサウルス
17プロトケラトサウルス


プロトケラトサウルスの説明看板
プロトケラトサウルスの説明看板


トリケラトプスの先祖格で、この恐竜は成長したもの、生まれたての赤ちゃん、卵の化石まで発見されているそうです。
こんな感じで産んだんでしょうか


卵は直径14~20センチで、砂地の穴に20個程、円形に生み落していたようです
プロトケラトサウルスのタマゴ


18ティラノドン
18ティラノドン


ティラノドン説明看板
ティラノドン説明看板
空飛ぶ爬虫類ですが、飛ぶといってもはばたくのではなく、グライダーのように滑空していたようです


ティラノドンから見る風景はこんな感じ
ティラノドンから見る風景


売店入口
売店入口


売店全体
売店全体


売店のレジや、マレットゴルフの受付はこちらで
売店レジや受付


恐竜のおもちゃ320円
恐竜のおもちゃ320円


ぬいぐるみ系もあります
ぬいぐるみ系もあります


ワゴンで大特価
ワゴンで大特価


恐竜のフィギア
恐竜のフィギア


大人でも楽しめそうなおもちゃ1750円
大人でも楽しめそうなおもちゃ1750円


入場無料でこれだけしっかりとしたテーマパークはなかなかないのではないでしょうか。恐竜を見て勉強しながら、遊具で遊びながら、沢山歩いて楽しめる恐竜公園だと思います。

茶臼山恐竜公園1の実物大模型の恐竜はコチラ
茶臼山恐竜公園2の子供向け遊具コーナーはコチラ
茶臼山恐竜公園3のお土産売り場はコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 凛々しい顔です イグアノドンの近くには歴史を感じるベンチ ちょっと座るのもためらう位・・・ 15 ケントロサウルス ケントロサウルスのニックネームは“トゲタロウ” 体長4~5メートルなので、恐竜の中ではちっちゃな方ですね ケントロサウルスを後ろから 首から背中にかけては骨板が、背中から尾の先端には2本のスパイクがついているおもしろい構造 14ケティオサウルス ケティオサウルスとは、ギリシャ語で「怪物トカゲ」という意味だそうです こぉんなに大きいですが、草食動物なので大人しかったようです。 目元もかわいいです ケティオサウルスのお尻 トイレ 13 ディプロドクス 最大級の巨大恐竜。名前も「屋根のはりのような骨格をもった竜」という意味があるそうです。 人と比べると分かりやすいと思いますが、本当におっき~い! 首もすごく長いです ディプロドクスのお腹入れるようになっています お腹の通路を通っていくと… 尻尾は滑り台 “滑り台や遊具になっている恐竜はちびっこに大人気です 敷地はあまり平らな場所はありません。 かなり良い運動になります。 茶臼山恐竜公園1の実物大模型の恐竜はコチラ 茶臼山恐竜公園2の子供向け遊具コーナーはコチラ 茶臼山恐竜公園3のお土産売り場はコチラ […]