赤石荘|山の中の秘境温泉、露天風呂からの絶景日帰り温泉|大鹿村大河原

長野県大鹿村にある赤石荘。
大鹿村にはいくつかの温泉旅館がありますが、ここ赤石荘が最山奥にあります。
赤石荘の露天風呂
日帰り入浴ができる温泉があり、多くの人が入浴に来ている感じでした。
この日は雨でしたが、多くの人が温泉を楽しんでいました。

住所:長野県下伊那郡大鹿村大河原1972
電話:0265-39-2528
営業:11:30~19:00
定休:木曜日
http://www.akaishisou.com/content.htm
赤石荘の入口シンボルサイン
これでもかと山へ入っていくと、赤石荘のシンボルサインが左手に見えてきます。


赤石荘のマスコット
どうも赤石荘のマスコットになっているのでしょうか?
かかし?、ん~かかしではない・・・


メインの道から奥へ入る道
かかしに案内されて右へ曲がると、赤石荘まで少し細い道を走ります。


赤石荘の駐車場
砂利駐車場ですが、広い駐車場です。
こんなに駐車することがあるのか?というくらい広いです。


赤石荘の玄関
赤石荘の玄関です、旅館というたたずまい。


入口にあった日本で最も美しい村のロゴマーク
大鹿村が「日本で最も美しい村」に加盟というか、選ばれているため玄関にロゴマークがありました。


日帰り入浴の案内
日帰り温泉の超インパクトのある案内がありました。
大鹿歌舞伎という地元の伝統芸能時のメイクをしている写真ということです。
パッと見、ドリフの世界! 荘主、鼻が垂れてます・・・


赤石荘の玄関
入ったところも普通の旅館です。


玄関にもいましたマスコット
ここにもかかし見たいなマスコットがいました!
お風呂の場所を案内中!


宿泊と日帰り入浴の案内が書かれたホワイトボード
宿泊と日帰り入浴の案内が書かれたホワイトボード。
温泉に入り、食事がついてこの価格は安い感じがしますね。


温泉名は小渋温泉
温泉地名は小渋温泉
源泉名が三正坊温泉源泉
泉質はナトリウムー塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)ということです。


温泉について説明書き
某温泉地で入浴剤を入れてから使われるようになった案内です。


クラッシクなロビー
クラッシクな感じです。
無線LANもあり、WiFi接続ができる機器はロビーで設定すればOKということです。


お土産売り場
お土産売り場ですが、儲けようという感じは微塵もありません。


ゴミ箱じゃなくて背負いびく
これは使えますね、ゴミ箱よりも雰囲気が良いかもしれない!?


お風呂へいく渡り廊下
さて、お風呂です。
渡り廊下を通り、日帰り温泉の入浴へ向かいます。


男湯の入口
手前が男湯で、奥が女湯になっています。


洗い場
洗い場があります。


赤石荘の露天風呂
こちらが露天風呂です、内湯はありません。
ガスっていますが、切れ間から遠くの山鹿見えます。


お風呂からは絶景
紅葉の時期も絶景と聞きますが、赤石荘の魅力はこの温泉にありそうです。

少し山の中へ入りますが、一度は行ってみたい温泉ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク