nav-left cat-right
cat-right
Topics

蕎麦 あきしの|日本庭園をみながら蕎麦懐石を|岡谷市柴宮

すばらしい日本庭園とそば懐石、落ち着いて蕎麦を楽しむことができるお店です。

休憩室?

この庭園の設計から施行は、

下諏訪の「苔泉亭」
辰野町の「そば処 さくら」
上諏訪の「さだまさし邸」を

造られた「小口庭園グリーンエクステリア」とお聞きし、理解できました。

長野県岡谷市長地柴宮1丁目9−1


住所:岡谷市長地柴宮1-9-1
電話:0266-27-9000
営業時間:11:30~15:00
定休日:毎週月曜日、毎月第3火曜日
(祝日の時は営業、翌日振替休業)


看板
下諏訪町から岡谷市立長地小学校を左折し、しばらく岡谷駅方面に向かうと、
左側に「あきしの」の看板があります。


通路
少し狭い通路を入っていくと、右側に駐車場があり、約10台程が駐車できます。


お店
どこにお店があるかと探すと、左側に民家がありました。


営業ご案内
そこには「只今 商い中」の看板とメニューがありました。


看板
上には小さな文字で「あきしのそば工房」の看板があり、この中で蕎麦を打っているようです。


通路
お店らしい入口もなく、
右下に下りて行く石畳にムシロで滑り止めをした道を下って見ます。


休憩室?
「蕎麦 あきしの」の看板の奥に休憩室?(東屋)がありました。


東屋
東屋は煙草を吸う場所?お客様の待合室?
風情があっていいですね。


通路
大変雰囲気の良いエントランス


水鉢
水鉢もあり和みます


玄関
ようやく玄関にたどり着きました。
きれいな暖簾と玄関はおしゃれです。


店内
玄関を入ると手前に座敷があります。


庭
座敷からみたセンスの良い中庭


店内
奥にも座敷があります。


床の間
落ち着いた床の間


メニュー
あきしの 営業案内


メニュー
まず「そば懐石」が表示されていて、普通のお蕎麦さんでない印象を与えます。


日本酒メニュー
「江戸時代、日本酒のことを<そば前>と呼び、蕎麦の前には日本酒は当たり前だったのです。
気の利いた酒肴で、そば前を楽しみ、そばで締める江戸っ子の粋なそばの食べ方は、
そばの持つ一面です。
どうぞごゆるりと良いお時間をお楽しみ下さい」


おつまみとお茶
まずは、蕎麦をから揚げした品の良いおつまみとお茶が出てきました。


メニュー
「そば三昧(ミニ懐石風)」2750円を注文しました。


蕎麦豆腐
「そばどうふ」をわさびと醤油でいただきます。


地鶏つみれ汁
「地鶏つみれ汁」は、なかなか良いお味です。


そばがき
ふっくらとした「そばがき」


そば米雑炊
あっさりとした「そば米雑炊」


蕎麦セット
最後にそばセット、いよいよおそばです。


そば
白っぽい八ヶ岳山麓のお蕎麦です。


ざるそば
単品のざるそば890円、おかわりそば800円。


ざるそば
少し細めでのど越しが良いですね。


蕎麦湯
少し細めでのど越しが良いですね。


そば湯
残ったそばつゆにそば湯を入れます。


デザート
ミニ懐石風コースのデザートは抹茶と栗ようかんでした。

ゆっくりとそば懐石を楽しみながら<そば前>の日本酒を味わうことができるお店です。
今回は冬でしたので残念でしたが、このすばらしい日本庭園は四季が楽しめますので次回は春か夏に来たいです。


Leave a Reply





そば屋レポート, 岡谷市, 食べる