nav-left cat-right
cat-right
Topics

安曇野ガーデン アジリティフィールド|愛犬と絆を深めるトレーニング施設|安曇野市穂高牧

アジリティ競技とは、犬の障害物競走のようなもの。
ハードル2
その練習場が長野県で初めて2011年にオープンしました。

西に北アルプスを望み、東に安曇平を見下ろす、550坪の広い敷地の中には、
競技規格40m×30mの砂のフィールドと、競技に使うすべての機材が揃っています。

住所:長野県安曇野市穂高牧1273-1
電話:0263-31-0583 
FAX:0263-31-0584
HP:http://www.derodero.com/garden.html

長野県安曇野市穂高牧


北アルプス牧場
山麓線、大町方面からですと、
安曇野アートヒルズガラス工房を過ぎて、
左の「北アルプス牧場」が見えてくると、もうすぐです。


大町方面から
右手に食事処「雅」の看板、横断歩道を超えてすぐ左にあります。
手前が三叉路の合流点になっていますので注意。


松本方面から
山麓線、松本方面から。
ギャラリー「牧が原」を過ぎると、右側にプレハブの事務所とアジリティ練習場の茶色の木の柵が見えます。


看板
入口の看板。
お庭のデザインやメンテナンスの「(株)安曇野ガーデン」を営む、林さんご夫婦が主催しています。


駐車場
駐車場、車は20台停められます。


事務所
事務所です。


全景1
こちらが、フィールド。
木製フェンス(ウエスタンレッドシダー製)で囲まれています。


指示出し中
中では、こちらの3匹の愛犬が、林さんから指示を受けているところでした。


ジョイたろ~♪
その中から、本日、このフィールドを案内してくれることになった「ジョイたろ~♪」君、3歳。
この♪も名前なのだとか。
シェルティ(シェットランド・シープドッグ)です。


ハードル1
まずは基本の「ハードル」。


ハードル2
難なくクリア。


トンネル1
次に、「トンネル」。
ジョイ君、入口付近で指示を受けております。


トンネル2
あっという間に出てきました。
トンネルは、レベルによって、長さや角度を変えていくそうです。


ソフトトンネル
最初は入ることすらも怖くても、慣れると、この「ソフトトンネル」という向こうが見えない難易度の高いトンネルもくぐれるようになるのだそうです。


ドッグウォーク1
こちらは「ドッグウォーク」。
いわゆる橋です。


ドッグウォーク2
軽々と登って、渡って、降りてきました。


ヨシヨシ
指示が達成できたときは、毎回とっても!!ほめてもらえて、ご褒美がもらえます。
こうやって、犬と人がともに、喜びを分かち合いながら、少しずつ目標を達成してゆくのだそうです。


ハードㇽの高さ
先程のハードルも、最初は低い位置から、だんだんと・・


ハードル初心者
もちろん、それ以前の段階もあります。
これは、手作りハードル・・の、”ハードルなし”で、この間を通り抜けるところから。
犬と人とのコミュニケーションを深めてゆきます。


犬の目線
人には低く見えるハードルも、犬にとっては背丈以上。


ハードル超え
でも、練習すれば・・このように、雲の子のよう!です。
早すぎて、シャッターが間に合わず(何も写っていない)何度も飛んでくれました。


レンガ1
「ハードル」の難易度が上がったものが、先が見えない、この「れんが」。


レンガ2
はい、なんなくクリア。


全体
広い敷地を、ジョイたろ~♪君、縦横無尽に駆けまわっています。
見ているだけでも気持ちいい~。


シーソー1
こちらは「シーソー」。


シーソー2
見てのとり、颯爽と駆けあがっていきます。


スラローム1
こちらは「スラローム」


スラローム2
棒と棒の間を、くねくねと、進んでゆきます。


スラローム初心者2
スラロームの初心者用には、このようにワクがあるものを使って、進路を矯正させて覚えてゆくようです。


スラローム初心者1
どちらでもジョイ君、あっという間!


Aフレーム
向こうに見えるのは「Aフレーム」。


A・勾配
角度がここで調整できるようです。


A・滑車
滑車も付いています。
競技用機材は、すべてご夫婦でつくられたのだとか。


Aフレーム2
けっこうな急斜ですが、軽快にクリア。


タイヤ
「タイヤ」もあります。


駆けてくる!
雲の子・・・が、駆けて戻ってきました。


IMGP5050
ジャンプ台。


入賞
ジョイたろ~♪君、なんと昨日、四国で行われたアジリティの全国大会で「2等賞」「3等賞」をもらって帰ってきたばかりなのだとか。


賞
他にも、一まわり大きな1等賞などがありました。


ご親戚
それはジョイ君の親戚にあたるこの子たちが授かったもの。
この日はここで待機中。


休憩所
ここは練習に来た人や犬の休憩所となっているスペース。


犬トイレ場
駐車場の北側には犬用のトイレスペースも設けてあります。


安曇野ガーデン
アジリティ施設は会員制になっていますが、
多くの人に愛犬と楽しんでもらえるようにと、ワンコイン(500円)体験会も開いています。
セミナーのほかに、スウェーデン式ドッグマッサージもあります。


造園用
ガーデンデザインも受付中。
「犬の庭」という項目もありました。


お見送り
林さんとジョイたろ~♪君が見送ってくれました。

「アジリティー」競技で世界を目指す方も、
「アジリティー」ってなに?と思う方も、
安曇野山麓の、この広々とした敷地の中へ、
愛犬との絆を深めるきっかけに訪れてみてはいかがでしょうか。


Leave a Reply





安曇野市, 遊ぶ