nav-left cat-right
cat-right
Topics

ユニオン・チャーチ|明治30年創立のキリスト教各宗派の超教派の合同教会|軽井沢町軽井沢

聖地軽井沢を育てたダニエルのノルマンが1987年(明治30年)中心となりユニオンチャーチは創立された。
ユニオン・チャーチ外観
キリスト教各宗派の超教派の合同教会である。
また別荘に住む外国人達や日本の宣教師達のよりどころであった。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1001
電話:0267-42-4605

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(大字) 1001

教会正面全景
現存の建物は1918年(大正7年)にヴォーリズの設計により、重要文化財旧三笠ホテルを建造した大工小林大三によって立て替えられた。


教会と十字架
建物の正面二階の十字架である。
十字架の下には「I AM THE WAY AND THE TRUTH AND THE LIFE」が掛けられている。


教会の側面
建物の構造は、木造押縁下見板、板張切妻屋根で建築されている。


教会内Ⅰ(集会堂)
教会内は300人は収容できる大ホールとなっており、当時としては軽井沢最大級の建築物である。


教会内Ⅱ(集会堂)
ホールは、礼拝や宣教師達の集会だけでなく、避暑客や別荘族達の社交と団欒の場であり、また音楽会なども開催された。


教会内Ⅲ(十字架)
教会の天井中央には軽井沢を象徴する白樺で作られた白い木の十字架が印象的である。



教会内Ⅳ(建築構造)
教会の中に入ったら天井の構造設計に注目したい。軽井沢で多くの別荘建築を手掛けたヴォーリズの歴史的価値ある建築設計を見ることができる。


教会内Ⅴ(建築構造)
これは天井の梁である。この構造は天井の強度上げるための工法である。


教会内ⅵ(建築構造)
天井の梁は丸太をそのまま剥き出しで使用しており、木の自然のままの魅力を出している。


教会内ⅷ(写真展示)
正面玄関を入ると多くの写真が展示されている。外国人の避暑が多かった時代が偲ばれる。


教会内Ⅸ(写真展示)
記念写真


2 Responses to “ユニオン・チャーチ|明治30年創立のキリスト教各宗派の超教派の合同教会|軽井沢町軽井沢”

  1. Kathreen より:

    There is a critical shortage of informative actriles like this.

  2. goto yukio より:

    先日、そちらに伺いました。prayroomわき、ステージわきに、ひびのはいった石碑がおいてありました。そこに書いてある文字を知りたいのです。よろしくお願いします。

Leave a Reply





観る, 軽井沢町