楽蔵ぴあの|落ち着いた和の茶房でコーヒーや食事を楽しめる|松本市新村

松本市新村にある茶房 楽蔵(らくら)ぴあの。
完全に生活道路内にある店舗のため知る人ぞ知る店という感じです。

「通りがかったので寄りました!」はほぼ無いと思います。

建物は大正時代に建てられ米蔵として使われていた蔵を改修したもので、かなり雰囲気が出ています。
こんなところで、お茶をすることができる贅沢が新村にあったことに驚きました。

食用バラが乗ってます

今回はお昼時と言うことで、バラでも著名なオーナーご推薦の「花御膳」をメインにご紹介。

●住所:長野県松本市新村881
●営業時間:10時~18時(18時以降は要予約)
●定休日:毎週火曜日
●電話:0263-47-6086
●お店のサイト:www.rakura-piano.com

36.214458,137.907351


店を案内する道路看板
店を案内する道路看板
店の正面へ入っていくためにはこの看板を見落とす訳にはいきません。


大きな屋敷と蔵が見えてきます
大きな屋敷と蔵が見えてきます


入口にある看板
入口にある看板
蔵をモチーフにしたなかなかいい感じの看板が目立つので、ここまでくれば迷うことはありません。


ちっちゃい現代風看板も
ちっちゃい現代風看板も


駐車場はきれいな砂利駐
駐車場はきれいな砂利駐
いわゆる砂利でなくて、統一された何とも言えないキレイな感じの砂利です。


駐車場にはみょうががボコボコ
駐車場にはみょうががボコボコ
生えてますね~。


眺めはなかなかです
眺めはなかなかです
晴れていれば電線が邪魔ですが楽しめそうです。


遠くには白馬三山
遠くには白馬三山
6月頃はまだ雪があるときもあります。


こちらがお店の外観
こちらがお店の外観
蔵がお店になっています。シブい!


営業中の看板
営業中の看板
かなり埋もれます。


入口は蔵
入口は蔵


ハーブティーを飲めます
ハーブティーを飲めます


お茶となる花が売ってました
お茶となる花が売ってました
1パック、300円です。お湯に入れるだけで良いということです。


ドライフラワーがたくさん
ドライフラワーがたくさん
蔵のため色が変わらずに長い間、きれいな色を保つそうです。


1階はテーブル席です
1階はテーブル席です
全部4テーブルあり、カウンターもありますのでお一人からでも全然OKな感じでした。


花の効用が紹介されています
花の効用が紹介されています
バラはタンニンが含まれ消化不良のよし!
菊は老化防止、冷え症に効果あり!


階段の壁には新聞記事
階段の壁には新聞記事
たくさんの記事にオーナーとお店が取り上げらております。


2階は座敷です
2階は座敷です
結構広いです、宴会も予約でできるということです。20人は大丈夫ですね。


吹き抜けが見えてます
吹き抜けが見えてます


吹き抜け
吹き抜け
かなり解放感があります。


テーブルセット
テーブルセット
すべて自然のもので温かみがありますね~、プラスチックが無いとここまで違うんですね。


お茶
お茶
独特なカップで出てきました。


メニューの表紙
メニューの表紙
猫がカップのお風呂で音楽を聴いてます・・・


飲み物
飲み物
喫茶店のため、飲み物は揃ってますね。


お茶とケーキ
お茶とケーキ
アイスやケーキに和系もバッチリです!

食事
食事
・小腹セットというご飯中心のセット
・そば、うどん、夏は冷やし中華の麺系
・花シリーズという花御膳
あり過ぎて困ることもなく、種類が少ないと感じることも無いメニュー内容な感じです。



裏
トレードマーク


蔵の工事プロセス
蔵の工事プロセス
平成14年6月から10月まで改修工事はかかったらしいです。
その段階毎をおって紹介してありました。確かに年期の入った蔵だったことが分ります。


陶芸の瀬戸物が売られてます
陶芸の瀬戸物が売られてます


ぬいぐるみもあります
ぬいぐるみもあります


レモングラスが売ってました
レモングラスが売ってました


バラの花寿司し御膳
バラの花寿司し御膳
本当にピンクのバラがのってました。花だけを食べるとかなり遠くで苦みがあります。
レタスの20分の1程度でしょうか。


食用バラが乗ってます
食用バラが乗ってます


もう一品は楽蔵カレー定食
楽蔵カレー定食


ボリュームがあります、これもおいしいです。
ボリュームがあります
ただし、辛みが強いのでちびっ子はたぶん無理。


アクセサリーもありました
アクセサリーもありました


蔵の横にある庭
蔵の横にある庭
テラスと呼んでいるそうです。


南側の大きな窓で店内は明るいです
南側の大きな窓で店内は明るいです
大きなもみじがあり、バランスのとれたいいお店でした。

花御膳は、あまりその辺の店では食べることができないと思います。
ヘルシーや健康に気を使いながらもグルメの方や、珍しい食事を食べたい・食べさせたいという方は一度行ってみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク