nav-left cat-right
cat-right
Topics

世界の民族人形博物館|豪華!高さ6メートル、三十段飾り・千体の雛祭り|須坂市野辺

平成13年から”須坂の町のひな祭り”として、市民から寄贈された雛人形およそ6000体が展示されています。
30段1
江戸時代~平成までの様々な年代の雛人形を楽しむことができます。

世界の民俗人形博物館は、多くの優れたデザイナーを発掘し育てられてきたことで知られる、
須坂市出身の小池千枝氏(文化服装学院名誉学院長)より寄贈された、世界100数ヵ国の民俗人形およそ3,000体あまりを所蔵、公開しています。

住所:長野県須坂市野辺1367-1須坂アートパーク内
電話:026-245-2340
開館時間:1月下旬~4月中旬(お問い合わせください)
9時~17時(1~2月は9時半~16時半)
入館料:大人500円 小中学性300円(版画美術館と共通)
アクセス:須坂長野東ICより国道403号・県道58号・北信濃くだもの街道経由8分
長野電鉄須坂駅よりタクシー7分

長野県須坂市野辺1367−1

入口
入口です。
自動ドアが開くとすぐのところで発券しています。


入口・記念写真
入口では「ハート」の中に入って記念撮影ができます。


注意
雪のときは特に注意!


館内
入って正面のお雛様飾り。


ひな壇2
風格がある感じです。


トイレ
入ってすぐ右奥にトイレがあります。


ひな壇
右奥の壁のお雛様。


人形1
着物も、表情も気品がある感じです。
そんなお家からやってきたお雛様なのでしょうね。


30段1階から
1階奥に、メインの30段飾りがありますが、まずは周りから見てゆきましょう。
左の廊下から、30段の裏を通り、右の廊下を周って階段で降りてくる、というように一巡できるようになっています。


壁ひな壇
左廊下、壁にはズラリ・・・


出身家
入口付近のお雛様の提供者の家名が書いてあります。
昭和40年代のものと平成の物のようです。


壁ひな壇2
入口ですでにこんなにたくさん・・・・・


人形2
お雛様もいろいろ・・


人形3
しぐさも・・

人形4
顔や表情も、それぞれちがいますね。


世界の人形
廊下左手は常設の世界の人形。
こちらは撮影禁止ですが、素朴でかわいいものがいっぱいです。


壁ひな壇3
その奥にもまたひな壇が・・・


スロープ
そして突き当りが展示室になっています。


展示室C
ここには江戸後期から昭和初期までのものが展示してあります。


ひな壇8
こちらは「古今雛」


人形9
こちらは「享保雛」


世界の人形2
展示室を出ると、ゆったりとしたスロープになって展望室へと続きます。


押し雛1
スロープのところにも展示品がたくさんです。
こちらは「押し雛」。


押し雛2
横から見るとこのようにペッタンコです。


ひな壇6
いろんな形のお雛様があります。


人形6
展示の仕方、見せ方で、雰囲気もまたかわりますね。


人形10
思わずこちらも微笑んでしまう、子供雛。


バルコニー
スロープから人が見下ろしているのは・・・


30段・バルコニーから
30段雛・・
後で正面からゆっくり眺めることとして・・・


おみくじ
アートパークオリジナルの「雛人形みくじ」なんていうのもあります。


展望室へ
柱の向こうは展望室。


折り紙1
「恋のお願い♡折り紙お雛さま」なんてのもあります。
願を書いて、折るようですね、折り方も丁寧に説明してあります。


折り紙2
たくさんの願いが・・・
飾られています。


折り紙3
顔は人形の「いのち」ですよね。


ラウンジ
展望室というだけあって、円形になった窓側にテーブルがあります。


お品書き
喫茶「雪洞」のお品書き。


展望図
ま、本日は雪景色ですが。


山
晴れていれば飯綱山、黒姫山、妙高山・・・戸隠山も見えるようです。


30段・展望から
では階段を下りて30段雛段へ。


30段1
先程の、スロープから眺めている人が右に見えます。


30段2
豪華絢爛!


解説
真ん中が平成の雛であとは昭和40年代のもののようです。


30段アップ
どこから見ていいやら・・
圧巻です。


ソファー
隅にゆったりしたソファーが置いてありました。
これならゆっくり見れますね。


売店
売店もあります。

雛人形を、あまり家庭で飾らなくなった現代・・
こういう所へ来て、目の保養だけ、子供の成長をともに願うのもよいかもしれません。
雛祭りが終わると「菖蒲の節句」展が行われます(4月下旬~6月中旬、お問い合わせください)。



Leave a Reply

CAPTCHA






観る, 須坂市