元禄 吉田屋|どてうどんと焼肉が名物|安曇野市明科

どてうどんと炭火焼肉がメインの、珍しい組み合わせのお店です。
名物のどてうどんとは、超極太の味噌煮込みうどん。自家製の手打ち麺を使っているところがミソです。
地元では焼肉店としても人気で、どのテーブルにも炭火ロースターがついています。
宴会の予約をすれば、おいしい懐石料理も出しれくれます。駅の近くなので便利です。

どてうどん

[googlemap lat=”36.35255762987938″ lng=”137.9277867078781″ align=”undefined” width=”575px” height=”300px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]36.352558,137.927787[/googlemap]

【営業時間】11:00~13:30
        16:30~21:00
【定休日】 月曜日
【住所】安曇野市明科中川手3517
【TEL】0263-62-2907

明科駅から国道19号線を南へ300mほど。
明科郵便局の隣、陸橋があるのが目印。
陸橋のすぐ近く

わかりやすく「どてうどん」と「炭火焼肉」と明記。
看板

この時はランチ終了時間近くだったので空いてますが、いつもはだいたい満車。
いいポジションに停められたらかなりラッキーです。
駐車場

お店の外観
店舗外観

店名の雰囲気にぴったりの入口
入口

入口の脇に、製麺をする作業場。
うどんを打っているところを見せてもらえます。
うどんを打っているところ

ここでどてうどんの太くてもっちもちの麺が作られています。
手打ちうどん作業場

店内は木の温かみと重厚さを活かしたディスプレイ。
木の温かみと重厚さを活かしたディスプレイ

テーブル席
テーブル席

小上がり席
小上がり

どのテーブルにも炭火焼肉用のロースターがついています。
炭火ロースター

キャッシャー
お会計
「¥」マークのランプシェードが特徴的です。

メニュー
木でできたメニュー
表紙も裏表紙も「木」でできており、停め具もしっかり。
とっても頑丈なメニュー表です。

メニュー一覧
メニュー一覧
どてうどんや焼肉以外にも、ビビンバ、すいとん、カレーなど食堂並みのメニューもあります。
値段もリーズナブル。

どてうどんセット
お新香とお椀とおたまとレンゲ
アツアツのどてうどんを食べるには、お椀とおたまが欠かせません。

鉄鍋で運ばれてきます。
鉄鍋
非常に熱いので置いてもらった場所から移動させることは困難。
ちょうど良いポジションに置いてもらいましょう。

フタを開けると・・・
しっかり煮込まれていたようで、具材があっちゃこっちゃ。
具材がもぐっている

沈んでいた卵を救出して、それっぽく整えてみました。
どてうどん

麺の太さは1.5cmくらいあるでしょうか?
手打ちなので皆少しずつ太さは違いますが、超~極太麺です。
極太麺
一本ずつすすって食べる感じです。
良く噛むせいか、すぐにおなかいっぱいになります。

スープは濃いめ。
でも太い麺にはちょうど良い味付けだと思います。最後までおいしくいただけました。
味噌のスープ

目の前にロースターがあるので、ついつい焼肉が食べたくなってしまいます。
カルビ
カルビ 900円

レバー 650円
レバー

排煙設備がしっかりしているのでしょう、煙は気になりません。
快適に焼肉を楽しめます。
お肉も柔らかくておいしかったです。
肉を焼くところ

ラーメン 550円
ラーメン
どてうどんと同じく味噌味です。

もちろん麺はラーメン用のもの、もっちりした感じです。
チャーシューもしっかり味付けされていておいしいです。
ラーメンの麺

どてうどん、焼肉・・・冬の寒い時におすすめのお店です。
暖まりますよ~。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク