あんずの里|第55回あんずまつり|千曲市倉科・森地区

「一目十万本」といわれるあんずで有名な千曲市倉科・森地区。
開花期には、5km四方の集落一帯が薄桃色に染まります。
今年のあんずまつりの期間は4月2日から4月16日まで。土日は集落のいたるところが歩行者天国になり、ゆっくり散策できます。

あんずまつり実行委員会
TEL:026-275-1326

千曲市のあんずの歴史

三百余年の歴史を秘める「あんず」
この地にアンズがもたらされたのは元禄時代。伊予宇和島藩主伊達宗利侯の息女豊姫が、第三代松代藩主真田幸道侯にお興入れの際、故郷をしのぶよすがにと、あんずを植えたのが始まりといわれています。その後、松代藩では、殖産のため奨励し、今日の姿になったものです。
~「あんずまつり」パンフレットより~


あんずの里といわれているのは、千曲市の倉科・森地区。
だいたいこのあたりです。

36.522087,138.156037

車:更埴ICよりあんずの里へ5km・車で8分。駐車料はどこの駐車場でも500円
電車:屋代駅(しなの鉄道・長野電鉄)よりバス15分・タクシー10分・徒歩60分
お花見期間中のシャトルバス:屋代駅~あんずの里間 片道大人300円
                  上山田温泉~屋代駅間 片道大人500円
あんずの里マップ

看板を目印に行ってみてください。
目印の看板

道路標識にも書いてありますが、
開花期間はいたるところに、案内看板があるので迷わず行けます。
道路標識にも書いてある

倉科と森の二つの地区がありますが、今回は森地区の方へ行ってみます。
森地区の看板

公営第一駐車場にとめることにしました。
駐車場入口
あんずの里の道路はすべて駐車禁止です。有料駐車場を利用するようにしましょう。

もともとは森運動広場ですが、お花見期間中は駐車場になります。(駐車料500円)
公園が駐車場
こちらの駐車場は、大型(3000円)・中型車(1500円)が優先になるみたいです。

公園にあった注意書きにも、「日本一のあんずの里」と書いてありました。
公園の注意書き

では散策スタート!!
散策スタート

途中迷いそうな場所には、案内係の方がいらっしゃるので安心です。
案内係の人と観光客

観光会館前の広場
このへんの地区のマップ
あんずまつりの看板がド~ンっ!!
もちろん頭上にはあんずの花が咲いています。

観光会館(案内所)は、あんずまつりの警備本部があります。
観光会館(あんずまつり警備本部)

あんずの里で「五・七・五」 
いたるところに俳句の投句箱が設置されています。
投句箱
思いついた時にすぐ投函できますね。

あんず街道の脇を流れる川をわたって、ハイキングコースへ。
あんず街道脇の川

川岸のタイルはあんずの実モチーフ
あんずの実モチーフ

こちらはあんずの花モチーフ
あんずの花モチーフ

ちなみに、マンホールのふたもあんずです。
マンホールもあんず

地元の人たちのご協力で、畑や空き地なども臨時の駐車場になっています。
畑や空き地も駐車場
詳しい場所は、案内所などにあるあんずの里マップを参考にしてください。

このあたりは、本当にあんずの木がいっぱいです。
ハイキングコースを歩く観光客

ハイキングコースもたくさんあって、一日ではとてもじゃないけど回りきれなそうなので
上平展望台に登ってそこからの景色を見てみることにします。
上平展望台の案内看板

ゆるやかな上り坂。
その脇には一面にあんず畑が広がっています。
両脇あんず畑

まだ咲き始めたばかりですが、
これからもっともっとピンク色に染まっていくんでしょうね~♪
見頃はこれから

一部満開のあんずもありました。
あんずの花

ハイキングコースの途中にはいくつも杏などの農作物の直売所があります。
農作物などの直売所

お土産屋さんもあり、ちょっと疲れたら休憩するのもよさそうですね。
土産物屋

やっと上平展望台に到着
上平展望台駐車場

ここからの景色は、まさに「一目十万本のあんず」
展望台からの眺め



あんずもきれいですが、ちょっと目立つのが「ケヤキの大木」
ケヤキの大木
これもお見事です。

ベンチもあるので、座ってゆっくり眺めるのもいいかも。
赤いベンチ二つ

展望台のところにある「花さか村」という売店
売店

店内の様子
花さか村の店内

もちろん、あんず土産が多種そろっています。
甘あんず

あんずを使ったお酒もずら~り。
あんずのお酒

窓側の席からは集落が一望できます。
窓側の席からは集落が一望できる

懐かしい乗用サトーくんもいます。
乗用サトーくん

ちなみに、ここの自販機にあるジュース
一角が「あんずエード」コーナーになっています。
自販機に「あんずエード」

あんずの苗木も売ってます。
あんずの苗木

あんずの育て方のポイント
あんずの説明書き

★鉢植えの場合
6~7号鉢に赤玉土6、腐葉土3、砂1の割合で植える。植え付けの時30~40cmに切り落とす。水やりは乾燥に割合強いが過湿には弱いのでやりすぎないよう注意する。
肥料は植え付け一ヶ月後と毎年2月~3月頃、玉肥3~4個を鉢の周りに埋め込む。
★庭植えの場合
排水の良い場所であれば土質は選ばない。肥料は乾燥鳥ふん、油かす等を混ぜて溝を掘り埋め込む。(毎年1月~2月頃)。花芽は主に短い枝につくので1月から2月頃前年に伸びた枝を3分の1程切り新しい枝を伸ばすようにする。
異品種(ももでもよい)と混根すると良く実がなる。



展望台のところでお土産を買ってもよかったんですが、
帰りのことを考えて、車を停めた駐車場の近くのお土産屋さんで買うことにしました。
横島物産

もう杏ずくしっ!!
干しあんず、あんずソフト・・・なんだってあるような感じです。

杏エール(杏の地ビール)
杏エール(杏のビール)

ひとくちあんず酒
ひとくちあんず酒

あんず酢
あんず酢

杏仁水
杏仁水

あんずエードの大人買いもできちゃいます。
杏エード箱売り

店内に杏収穫の様子の写真が飾ってありました。
杏収穫の様子
6月20日頃~7月10日頃になると、各農園であんず狩りが楽しめるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク