福寿草まつり|県下一の福寿草群生地|松本市四賀

春の訪れを告げる花、福寿草。
松本市四賀にある赤怒田(あかぬた)の福寿草群生地では、今年も福寿草が見事な花を咲かせました。
四賀の福寿草といえば、約1.5haの斜面に約50万株もの福寿草が自生する、県下一の群生地です。
毎年3月には「福寿草まつり」が開かれ、観光客や写真愛好家などでにぎわいます。

今年の祭りは、2010年3月6日(土)~3月27日(日)まで。
天気が良かったので、開催前日の5日に行ってみました。


開催期間 : 2010年3月6日(土)~27日(土) 毎年3月上旬~下旬
開催時間: 10:00~15:00
会場: 赤怒田福寿草群生地
駐車場: 300円
お問い合わせ: 松本市四賀観光協会

36.31592,138.005362


大口沢の交差点
豊科方面からだと、左折。松本方面からなら直進。
大口沢交差点
写真は豊科方面から来たものです。

七色の橋を渡り、トンネルを超えてしばらく行ったところの交差点を右折。
この交差点を右折

福寿草まつり期間中は、旗や案内看板があるので、わかりやすいと思います。
福寿草まつりの旗3本

錦部保育園があるT字路を右折。
保育園のあるT字路を右折

四賀化石館を超え、しばらく行くと「三平堂」というお店があります。
三平堂

その向かい側が、赤怒田福寿草群生地の駐車場です。
駐車場の看板

早めに来たのにもう少しで満車。
この日は、天気が良かったので平日にもかかわらず駐車場は大混雑でした。
駐車場

駐車料は300円。
駐車料金を入れるビン
それにしてもインパクトのある大きなビン・・・。

向かいの「三平堂」さん。
店先には、福寿草が並んでいました。一本250円とリーズナブル。
福寿草一本250円

福寿草まつりのパンフレットと写真コンテストの応募要項
福寿草まつりのパンフと写真コンテスト応募用紙
まつり開催期間の土日は様々なイベントが催されます。
福寿草まつりちらし
また、写真コンテストも同時開催されています。
福寿草フォトコンテストちらし

群生地の斜面へと続く道
群生地へと続く道

福寿草柄の鮮やかな小屋
福寿草柄の小屋
絵:松商学園美術部

物産品や飲食店の入っているハウス。
ドーム内は松茸山荘

群生地へ行くには、ここを通過するような仕組み。
群生地に入るには、ここを通るようになっている

両端にお店、中央にはテーブルとイス。
寒い時のために、ストーブもしっかり完備されています。
ドーム内の様子
まだ早い時間帯なので閑散としてますが、祭り期間中はもっと賑わいそうです。

ここにも福寿草が販売されています。
栽培の八重の花

春一番の花  栽培の八重の花
福寿海1鉢1000円


フードコーナーは、松茸山荘が入っています。
フードコーナー
うどん、ラーメン、手打ちそば、おやき・・・などが食べられます。

こんな山奥になぜか、海産物!?
海産物販売
ちりめん1800→1000円というふうに、みんな値引きしてありますが・・・。
もうちょっと値切れそうな感じですね。

明日が開催初日。
大判焼きのお店?がスタンバイされてます。
大判焼き?

山野草のお店
山野草販売
もちろん、福寿草がメイン。

では、さっそく群生地へ行ってみましょう。
群生地の斜面
明日から1週間は天気が悪いそうなので、
今日は特にカメラを片手に奮闘している人の姿が多く見られる感じがします。

CATVの取材も来てますね。
CATVの取材クルー

福寿草観光案内
福寿草観光案内

福寿草観光案内
万葉がささやく
「村花」福寿草ふくじゅそう

春一番 新年を祝う花としてよろこばれ
元日草とも呼ばれ 福を招く縁起の
良い花で古来より書画みの描かれております
ここは福寿草にとって成育条件が適していて
原生種に近いものと いわれています
古代官道の東山道を旅する人々に
愛のささやきを語り続け
長い歴史の中で脈々と 村人たちにより
守り育てられてきました
赤怒田から殿野入に至る1.5キロメートルの
この段丘の福寿草は おおよそ50万株
長野県随一の自生の群生地と
評価されております

耳を澄ましてください
福寿草がささやく古代からのメッセージが
聞こえて来ませんか


群生地の入口
橋の先に群生地
ここから散策スタート!!

滑りそうな遊歩道には木のチップが敷かれています。
地面は木のチップ

落ち葉も実行委員の方たちが拾い集めて、整備してくださってます。
袋に入った落ち葉


橋の上は滑りやすいそうです。気をつけて行きましょう。
橋の上はすべりやすい

斜面の下段の遊歩道は広いところもあるので、小さい子が走り回っても大丈夫。
里山を走る子

斜面の下段からの風景を360°ぐるっと一周。

鳥の囀りが聞こえて、すっかり春の陽気♪

日陰の福寿草はまだお目覚めでないようです。
つぼみ
福寿草の花は日が陰れば閉じ、照れば開き・・・
これを繰り返しながら2~3週間咲き続けます。

ミツバチがブンブン♪♪♪
ミツバチがとまっている福寿草

陽が当っている斜面は、きれいに開花しています。
見ごろの福寿草
四賀の福寿草は、日本の原生種のひとつ「エダウチフクジュソウ」という珍しい品種です。

こちらは満開!!
福寿草満開!!
きれいな花で、縁起ものの花ですが、猛毒です。
決して食べないように!!

テレビ信州で2007年3 月30日放送の「情報ワイドゆうがたGet!」の特集コーナー「春うらら!花の里のんびり散歩!」で、テンプラを紹介し、女性リポーターが毒草と知らず食べてしまった。幸い事故に至らず。
~Wikipedia~


ここのところ、急に暖かくなってきたからでしょうか?
もう枯れ気味の花も少しありました。
枯れ気味・・・

いくつか栗の木もあって、その下は栗がたくさん落ちています。
くり
ここだけ見ると、秋みたいです。

遠くには穂高連峰が見えます。
手前に田んぼ、遠くに北アルプスの風景

せっかくなので、穂高連峰と田園風景をバックに撮影してみました。
里山をバックに福寿草
よくある構図ですね。

斜面を下から見上げるとこんな感じ。
斜面を下からのアングルで
まだまだこれから黄色くなりそう。

群生地を保福寺方面から撮影。
群生地を南側から
斜面がほんのり黄色がかってるように見えます。

開場には、所々仮設トイレが設置してあります。
ちなみにこれは群生地の西側にある仮設トイレ。
仮設トイレ2基

斜面の上段へ登れる場所は3か所あり、上からの眺めも楽しめます。
これは中央の階段。
斜面を登る階段

壊れかけ?の道祖神
壊れかけの道祖神
西側から登る途中にありました。

斜面の上は人が一人通れるくらいの遊歩道。
斜面の上

柵はロープ一本のみ。そして急斜面。
柵はロープ一本の急斜面
足が不自由な方や小さい子は危険かもしれません。

でも上からの風景はまた違って良い感じ。
田園風景
のどか~な田園風景。

木々も芽吹いてきましたね。
芽吹いてきた

イベント用の特設ステージも、準備に取り掛かってますね。
イベント用のステージ

群生地を一周しましたが、広いのでいい運動になりました。
ちょっと休憩・・・。
木製ベンチがふたつ

黄色い絨毯
黄色いじゅうたん
これだけ咲きそろっているのはなかなか見られないと思います。
これから見頃になる斜面もあるので、まだまだ楽しめそうです。
「桜」のお花見も最高ですが、福寿草で春を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 国道143号を四賀地区方面へ。この交差点を右折。 福寿草祭りの会場と同じ方面です。 錦部保育園があるT字路を右折。 […]