第26回あやめ祭り|メインイベントの様子|安曇野市明科

毎年あやめ・花菖蒲が咲きそろう6月中旬~下旬に開催される、明科の龍門渕公園・あやめ公園の「あやめ祭り」。
今年は6月15日(火)~30日(水)がお祭り期間で、6月20日(日)がメインイベント。にじますつかみどりや、メインステージでのライブ、ラフティングボート、野点、ビンゴ大会など、親子で楽しめるイベントが開かれました。

あやめが咲きそろう公園

龍門渕公園・あやめ公園の記事はこちら

36.356213,137.92599


【期間】 平成22年6月15日(火)から30日(水)
     メインイベント6月20日(日)
【場所】 あやめ公園・龍門渕公園(明科地域)
【問い合わせ】
 安曇野市観光協会 電話:0263-82-3133

6月12日(土) プレイベント  第16回にじますカップカヌースラローム大会
6月13日(日)~6月30日(水) 明科地区小学生あやめの絵展示
6月15日(火)~6月30日(水) 臨時売店 お休み処 花菖蒲株販売
6月19日(土) 安曇野市交流芸能発表会(公民館講堂) 安曇野太鼓まつり(雨天中止)
6月19日(土)・20日(日) ・27日(日)  野点
6月27日(日) あやめまつり深緑ウォーク(旧国鉄篠ノ井線廃線敷~あやめ公園
参加無料 *参加者募集します。

 6月20日(日) メインイベント 
・ にじますつかみどり(無料) 10時~
・ ライブ(手の鳴る方へ・吉田勝幸・SYS・アンダンティーノアンサンブル)
・ 吹奏楽演奏(明科高校・明科中学校・安曇野市消防団音楽喇叭隊音楽部・安曇野吹奏楽団)
・ ビンゴ大会
・ キッズダンス(キッズダンスカンパニー・ひまわりキッズ・スマイルキッズ)
・ かがり火 & まほらランタンコンサート 18時~
(電子ピアノ:大野一子 バイオリン:近藤 聡 フルート:福留亜紀)





今年のポスター
ポスター

会場は龍門渕公園とあやめ公園。
各イベントの開催場所はこれでチェック。
園内案内図

めずらしく水車も回ってました。
手前にあやめ、奥に水車小屋

花菖蒲はちょうど見頃。 写真を撮る人たちがいっぱいです。
写真を撮る人たち

メインイベント当日とあって、露店が連なってます。
露店

ニジマスつかみどり
にじますつかみどり
あやめ祭りの目玉イベント。
参加料はもちろん無料。

着替えをする子や、保護者たちで会場は大賑わい。
着替えをする子や保護者たち

今年は熱気球搭乗はないようですが、ラフティングボート体験はありました。
ラフティングボートの看板
あやめ祭り特別価格の1500円だそうです。
所要時間30分、3.5㎞のラフティング体験。

ラフティングボート受付
ラフティングボート受付
年齢制限は、3歳から100歳まで。

ラフティングボートの出発地点
ラフティングボート出発地点
ちょっと流れが速いですかね?
スリル満点の川下りが楽しめそうです。

あやめの絵の展示
あやめの絵の展示
地元の小学生たちの絵は、期間中いつでも見ることができます。

中洲では野点をやっていました。
あやめを眺めながら風流ですね。
野だて
一席100円。19日(土)・20日(日) ・27日(日)のみ開催。

明科地域特産市
商工会のお店

地元明科の特産品が一同に集合!!

「安曇野満月」
安曇野満月

「明科小太郎」
明科小太郎まんじゅう

「手作りぞうり」
手作りぞうり

「あやめタオル」
あやめタオル

「あやめクッキー」
あやめクッキー

「あやめだんご」と「あやめもち」
あやめだんごとあやめもち
“あやめ”が付くものが多いです。

「円(つぶら)揚げ」
最近知ったんですが、これはなかなかおいしいです。
パックに入った円揚げ

アルプスの清流で育ったニジマスの円揚げ
円揚げの説明
円揚げとは・・・
広大なアルプスからの、豊かな湧水で育てられた新鮮なニジマスを使い、昔懐かしい郷土の味を現代風にアレンジし、完成した商品が「円揚げ」です。年配の方から成長盛りのお子様まで、頭も骨も丸ごと食べれるように仕上げてあります。付属のレモンをかけていただくと、より美味しくいただけます。

安全で高品質の健康食品!
円揚げは動脈硬化や老化防止に効果のあるEPAや、脳の成長を活発にするDHAのほか、多くのカルシウムが含まれている健康食品です。

“円”なので、ニジマスが丸まってます。
円揚げはニジマスが丸くなっている
はらわたもきれいに取ってあり、骨も気にならないように揚げてあるので、
魚が苦手な人でも丸ごといけちゃいます。
おつまみにもGood☆

あやめ公園の方にも臨時の売店がたくさん。
あやめ公園の臨時売店

あゆの塩焼き
あゆの塩焼き

焼もろこし
焼もろこし

ニジマスの塩焼き
ニジマスの塩焼き

養殖なので、川魚独特の臭みは全くなし。
とても食べやすいです。
ニジマスを箸で・・・

きゅうりの漬物(シソ風味)をサービスしていただきました。
きゅうりのつけもの

ステージではライブが・・・♪
ステージ

チューニングも念入りに・・・。
音響

SYSという親子バンドの演奏


詳しいイベント情報  ↓Wクリックで拡大します。
イベント情報

「あやめ公園」といいますが、よく見たらここに咲いているのは全て花菖蒲のようです。
あやめは龍門渕公園にちょこっとあるだけなの知ってました?
花菖蒲咲く中に銅像
「あやめ」と「花菖蒲」の見分け方

「あやめ」 :花びらの基のところが黄と紫の網目もよう
       生育地は乾燥地
       開花期は5月中旬
       花の色は紫・白
「花菖蒲」 :花びらの基のところが黄色のすじ
       生育地は湿地
       開花期は6月中旬から7月上旬
       花の色は白、紫、青紫、黄、赤紫等 

・・・というわけで、写真に写っているのは、花菖蒲ばかりでした。
「あやめ祭り」というよりは「花菖蒲祭り」?

ここには150種のあやめや花菖蒲があるようですが、素人には判別が難しいですね。

紅孔雀?
紅孔雀

朝戸開?
朝戸開

潮風?
潮風

山路の錦?
山路の錦

明月?
明月

長井清流?
長井清流

新天地?
新天地

靄間空?
靄間空

???
黄色い花菖蒲

ジャーマンアイリスでしょうか?一輪だけ変わったやつを発見。
ジャーマンアイリス

まだつぼみも多いです。もうしばらく楽しめますね。
花菖蒲のつぼみ

こちらは、オールつぼみゾーン。
つぼみ

前川の岸辺は、雛芥子(ひなげし)が目立ちます。
ポピー

花壇にもあやめ(花菖蒲?)
あやめの花壇(紫)

白バージョン
あやめの花壇(白)

橋の欄干にもあやめと明科特産のニジマスがデザインされています。
橋の欄干にアヤメとニジマス

マンホールにももちろん、あやめとニジマス。
アヤメとニジマスのマンホール
花弁の基のところが黄色・・・ってことは、実は花菖蒲?

メインイベントは終わってしまいましたが、花菖蒲は7月上旬まで楽しめるとのこと。
花菖蒲が咲く公園を散策してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク